【iOS 11】このまま搭載しちゃって!完成度が高すぎる「非公式コンセプトムービー」公開

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

Appleが考えたわけじゃないし、搭載される可能性は限りなく低いけど…見てるとワクワクしちゃう非公式コンセプトイメージ

今回はiOS 11のコンセプトムービーが公開されたのでご紹介します。もはやこのまま搭載しちゃってくれー!と願うほど、完成度が高いものとなっていますよ!

ダークモードに共有機能にスプリットビュー?

今回iOS 11のコンセプトムービーを製作したのは、ポーランドのウェブメディア「MyApple」のエディターJacek Zięba氏。こちらがそのムービーです⇓

まずは以前ウワサされていた「ダークモード」「ナイトモード」と名称を変更し搭載。

ミュージックアプリも、

設定アプリも、

メッセージアプリも、すべての背景が黒基調に。

ブルーライトを抑えてくれる「Night Shiftモード」もあることですし、ナイトモードもぜひ搭載して欲しいですよねぇ。

続いては「Multiple Users」

一体どのような機能かというと…家族など複数人で共有してデバイスを使う時に、ユーザーアカウントを切り替えられるというもの。PCのような感覚ですね。

ちなみに、この機能はすでに「教育向けiPad」では搭載済み。iPhoneでは使わないかもしれませんが、家族で共有することもあるiPadではぜひ使ってみたい機能ですね!

Apple

続いては「Siri Assistant」

これは現在のSiriのアシスタント能力をさらに高めたもの。マップアプリや、

Walletアプリなどとの連動を想定しているようです。

続いて「Group FaceTime」

SueとBrianにFaceTimeをかけると…

3分割で表示されました!

LINEがあるとなかなか使う機会のないFaceTimeですが、これは便利そうですね。

続いて個人的にすごく良いなと思った「Screen rotation & volume control」

動画の再生中でも横向きで画面の向きをロックできたり、

動画を邪魔することなく音量を調節できるというもの。

これはYouTubeアプリではすでに出来るんですが、Safariで動画再生して音量を変えると絶対に邪魔されるんですよね…(;´Д`)

「新機能と言えるのか」と言うと微妙なところなのですがw、動画視聴が快適になるのは間違いないですよねぇ。

続いて「iPhone Split Screen」

iPadではすでに搭載されているスプリットビューをiPhoneにも。SafariでWikipediaを見ているとき、

ホームボタンを押すと、上部にアプリアイコンが表示されます。「YouTube」をタップしてみると…

画面上部ではYouTubeを再生しながら、下部ではそのままWikipediaが読めちゃう!

これはぜひ搭載して欲しい…!特にPlusモデルは全く問題なく2画面表示できそうですよね。

他にも各アプリのキャッシュやデータをiPhoneの設定アプリで削除できる機能や、

3D Touchをさらに有効に使えるようにする機能、

通知などをオフにしてゲームを快適にプレイできる「ゲームモード」などが盛り込まれています。

いや〜もうこれ、そのままiOS 11でいいんじゃない?と言いたくなるほど完成度の高いコンセプトじゃないでしょうか。

本物のiOS 11は6月5日に開催されるWWDC 2017でお披露目されるはず。実際にどのような機能を搭載して出て来るのか…今はまだ想像しているのが楽しいですねw

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Cult of Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事