イギリス国防省がiPhone 7を採用!日本の防衛省は何を使っているの?

投稿日:

by ryo

こんにちは、ryoです。

iPhoneは独自の暗号化技術を用いたり、特にセキュリティ面で優れていると言われていますよね。

そんな中、イギリスの国防省がそのセキュリティ面での強さを理由にiPhone 7を正式に採用するというニュースが入ってきましたよ。

アメリカ国防省もiPhoneを利用していますが、では日本ではどんな機種を利用しているのでしょうか?

アメリカに続きイギリス防衛省でもiPhoneが採用

1月末、イギリスの防衛省が職員の通信手段としてiPhone 7を採用する事を発表しました。

その主な採用理由は「iPhoneのセキュリティ面での扱いやすさ」。

Galaxy Note 4も候補だったそうですが、セキュリティ面でどうしても改善できない欠陥があったため候補から外れてしまったようです。

しかしiPhoneはカスタマイズによって最高の秘匿性を得る事ができ、「最も重要な通信もできる」と判断されたそう。

またイギリス国防省と提携している通信事業者のBTは、iCloudやDropboxに代わる専用のストレージスペース「secure storage containers」を開発していて、これを利用する事で通信だけでなく内部のデータも安全に守られるそうですよ。

さて情報の秘匿性に大きな注意を払って機種を選んでいるイギリス国防省ですが、私たちの国である日本の防衛省はどうなのでしょうか?

日本ではAndroidを利用中?

3年前と少し古いデータですが、自衛隊の入札記録が残っており、それによると日本の「秘匿携帯電話」はAndroidが採用されているようです。

その要求スペックを見ると、

・OS: Android 4.x 以上
・CPU: 1.7GHz以上、クアッドコア以上
・メモリ: RAM 2GB以上、ROM 32GB以上
・専用線対応: 専用線データ通信が利用可能

などとなっており、このスペックは条件提示の約1年後に発売されたGalaxy Note 4でギリギリクリア出来るレベルである事から、3年前としてはかなりハイスペックなものと考えられます。

この他にも、遠隔操作によってデータの消去や機能の制限が可能である事などが条件に挙げられていて、やはりカスタマイズされた専用の機種を求めている事が分かります。

それ以降の入札記録がない事から現在も同じ端末を用いているのか、それとも新しいものを用いているのかは分かりませんが、日本の防衛分野ではハイスペックなAndroid端末が利用されていた事が分かりますね。

国民の安全を守る防衛分野では、情報端末の脆弱さが原因で情報が流失してしまったなんて事が無いように、細心の注意が払われているようです。

iPhoneの安全性がアメリカやイギリスに評価されてきていますが、今後日本もその流れに乗る事はあるのでしょうか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Independent
ryo

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事