Apple最大のサプライヤーFoxconn、シャープの次は東芝を買収か?

投稿日:

by yumi

Photo credit: LGEPR via Visual hunt / CC BY

こんにちは、yumiです。

昨年シャープを買収したことで日本での知名度が一気に高まったFoxconn。Apple最大のサプライヤーで、かみあぷではお馴染みですね。

さてそのFoxconnですが、シャープに続き東芝の一部事業を買収をするのでは…という情報が入ってきましたよ!

東芝の一部事業を買収か

2008年〜2014年までの7年間に、税引き前利益で合計2,248億円のかさあげ(不正会計)があったことが2015年明らかになった東芝。

昨年の終わりには原発事業で7,000億円ほどの巨大損失があるのでは?と報道され、波紋が広がっています。

そんな中、東芝は本日「メモリ事業を分社化する方針の決定」を発表。

その理由については文書の中で、

  • 原発事業の損失が数千億円に上る可能性がある
  • 今年3月までに財務体質の強化が必要

と説明されています。

そしてそれに興味を示しているのがFoxconn。

東洋経済によるとFoxconnは8K映像技術の製品化について事業を拡大したいようで、画像を処理するシステムや放送局向けシステムの構築に必要な東芝の技術に注目しているそう。

ただし他にもキヤノンや米ウエスタンデジタル、米シルバーレイク・パートナーズなども出資に興味を示しているようですが…イケイケでノリノリなFoxconn、果たしてシャープに続き東芝の事業も買収となるのか注目ですね。

yumi
Photo credit: LGEPR via Visual hunt / CC BY

関連記事