【正式発表】Galaxy Note7の爆発原因が明らかに

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

サムスンは度重なる爆発事故により、Galaxy Note7のリコールを昨年9月に開始。これまで爆発の原因を調査していましたが、本日ようやく原因が判明したようです。

当初ウワサされていた通り、「バッテリーが原因」との結論に至りましたよ。

やはりバッテリーが問題だった

サムスンは本日10時に記者会見を開き、「Galaxy Note7の爆発原因はバッテリー」との発表を行いました。

爆発したNote7 Photo by THE VERGE

調査は700人のスタッフが200,000台の端末と、プラス30,000台のバッテリーを使って行われたとのこと。Note7は、

  1. 当初販売した端末が爆発
  2. 新しい端末に交換
  3. 新しい端末も爆発
  4. リコール決定

という経緯がありましたが、どうやら「当初販売した端末」と「新しい端末」の爆発原因はどちらもバッテリーであることに間違いないものの、爆発が発生した原因は異なっていたそうです。

Photo by SamMobile

まず当初販売した端末には「バッテリーの右上にデザイン上の欠陥」が存在していたとのこと。電極が曲がりやすい設計となっており、それによりショートする場合があったそう。

そして新しい端末は設計自体に問題はなくなったものの、急ピッチで製造したため製造中に溶接不良が発生。これによりショートする場合があったとのこと。

事故が初めて報告されてから数ヶ月経ちましたが、ようやく爆発原因がハッキリしました。

iPhoneを始め、スマホに使われているバッテリーはNote7と同じリチウムイオンバッテリーということで、「まさかリチウムイオンバッテリー自体に原因があるのか?」と戦々恐々でしたが、違うと分かり安心しましたね…!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:サムスン, Recode

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事