【なぜ】もうすぐ配信の『スーパーマリオラン』は常時ネット接続が必須!その理由とは…

投稿日:

by yumi

こんばんは、yumiです。

今月15日から順次配信される任天堂の『スーパーマリオラン』。

ダウンロードそのものと3つあるモードの一部を無料で楽しめるものの、すべてを遊ぶには1,200円の課金が必要となっていますが、今回新たに「プレイにはインターネット接続が常時必要である」ということが明らかになりました。

となると圏外では遊べず、通信料も必要ということになるのですが…一体なぜこのような仕様になったのでしょうか?

ネット接続はなんのため?

2016年12月15日(木)から世界151ヶ国で順次配信が開始される『スーパーマリオラン』。

『スーパーマリオラン』には以下3つのモードが用意されており、アプリそのもののダウンロードと3つのモードの一部は無料ですが、すべてを遊ぶには1,200円の課金が必要となっています。

  • ワールドツアー:全6ワールド(24コース)ある通常モード
  • Toad Rally(キノピオラリー):対戦モード
  • Kingdom Builder(王国づくり):自分だけの王国を作るモード

配信まであと少し…というところで、今回新たな事実が明らかに。なんでも『スーパーマリオラン』をプレイするには、ネット接続が常時必要とのこと。

確かに友だちとの対戦モードもありますが、その他すべては「1人で遊べるもの」で、ネット環境は必要ない気がするのですが…。

任天堂の宮本茂さんはこの理由に関して「著作権の問題」Mashableのインタビューでコメントしています。

ネット接続と著作権にどういう関係があるの?と思いますが、もしネット接続の必要のない仕様でリリースされた場合、違法コピー(海賊版)でも遊べてしまう問題があります。

その点ネット接続が必要な仕様にしておけば、プレイするにはサーバーにアクセスする必要があり、違法コピー版では遊べなくなる…というわけですね。

実際、SEGAが2012年にAndroid向けにリリースしたサッカークラブ経営シミュレーションゲームの『Foot Ball Manager』は90%以上が海賊版でプレイされていたり、iOS/Androidに配信されていたFPSゲーム『Dead Trigger(当時85円の有料アプリ)』は、Android版は80%以上が違法コピーされたものだったそう。

これを受け『Dead Trigger』はAndroid版のみ基本無料+ネット接続を必須に変更し、違法コピーの割合が改善したのだとか…。

『スーパーマリオラン』はiOS先行リリースですし、早く遊びたいAndroidユーザーが違法コピーする可能性も否めません。

もちろん常時ネット接続必須の仕様にしたからと言って違法コピーが完全に排除されるというわけではありませんが、少しでもその確率を下げたいための措置ということですね。

ユーザーとしてはちょっと不便ではありますが、違法コピーを作り、それで遊ぶ人が居る限り仕方のないことなのかもしれません。

「任天堂」「マリオ」というビッグネームのアプリリリースをキッカケに、違法コピーが少しでも減ることを期待したいですね…!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Mashable, GameCast

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事