総額約1億8千万円!AppleサプライヤーのFoxconn元幹部がiPhoneを横流し

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

トランプ氏の影響でiPhoneサプライヤーじゃなくなってしまうかも知れないFoxconn、なんとこのタイミングでiPhoneを横流ししていた事が発覚しました

総額1億8千万円の利益を生み出したそうですが、事件の全容はどのようなものだったのでしょうか?

数千台のiPhoneを深圳で売りさばく

横流しは2013〜2014年の間に行われ、当時生産していたiPhone 5/5Sを数千台持ち出されたそうです。

横流しをしていたのはなんと当時Foxconnの幹部だった人物で、8人の従業員に指示を出していたとの事。

持ち出された端末は主に廃棄処分になるはずの検査用端末で、処分せずに持ち出し、深圳で売りさばいていたようです。

利益総額は約1億8千万円、入手費用が無いだけにほぼ丸儲けですね

持ち出された端末はおよそ5,700台と見られているそうですが、これだけ持ち出して売りさばいても今まで明るみにならなかったというのは、なかなかスゴイ話です。

Foxconnは内部調査を経て事件を台湾当局に通報、元幹部は取り調べに応じ背信の罪に問われているとの事で、最高10年の懲役刑を科される可能性があるとの事。

サプライヤーから外されるかも知れないこの状況での事件発覚、もしかしたら本当にFoxconnはサプライヤーから外され工場で従事している約100万人の従業員が路頭に迷ってしまうかも知れません…。

まとめ

いかがでしたか?

元幹部のこれからも気になるところですが、サプライヤーの件もかなり気になりますね。

もしかしたら本当に来年からMade in USAで、価格が倍以上になった次期iPhoneがリリースされてしまうかも知れません…。

参考:AFP

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事