まさに奇跡!昨年湖に落としたiPhoneを発見しかも動いた模様

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

iPhone 7/7 Plusならいざ知らず、それ以前のiPhoneには防水機能が一切なく、水に弱いのはユーザにとって常識でしたね。

昨年そんなiPhoneを湖に落としてしまった男性がいたのですが、どうやら復活してちゃんと使えるみたいなんですよ。

ダムの底で1年以上眠っていたiPhone 4

ペンシルバニア州に住むマイケルさんは2015年3月、釣りを楽しむためにカイル湖に来ていました。

釣りを楽しんでいたマイケルさんはそこで、iPhone 4を湖に落としてしまいます。

冬の湖は氷が張るほど冷たくなっており、見つける事は困難とマイケルさんはiPhoneを諦めて引き上げる事に。

しかし先月、このiPhoneを偶然見つけたダニエルさんによってこのiPhone 4は奇跡の復活を遂げる事になります。

カイル湖のダムには構造的な欠陥があったそうで2015年9月に排水、今年の10月にダニエルさんは排水されたダムの底で金属探知機を使いトレジャーハントをしていました。

そこで偶然昨年マイケルさんが湖に落としたiPhone 4を見つけ、iPhoneを米を使ってしっかり脱水してみたのです。

なんとiPhoneは完全に水が抜けた事で復活、通常のように使用出来るようになりました。

ダムの底といえばかなり水圧がかかりiPhoneも変形しそうなものですが、どうやら装着していたiPhoneケースのお陰で大きな損傷もなかった模様

そのケースはOtterBOXがリリースしている「Defenderケース」というもので、防水機能はないものの非常に優れた耐衝撃性を備えているそうです。

このケースのおかげで大きな損傷もなく、見事に復活できたワケですね。

ダニエルさんは復活したiPhoneからマイケルさんの番号を確認し連絡、iPhoneが復活した事を知らせたそうです。

まとめ

いかがでしたか?

マイケルさんは連絡を受けた時信じられなかったそうですが、iPhoneの写真を見て自分のiPhoneであるとわかったそうです。

すでに新しいiPhoneを持っているマイケルさんはそのiPhoneを、スマホを欲しがっているお母さんにあげる予定なんだとか。

参考:Buzzfeed

関連記事