LightningイヤホンになったiPhone 7/7Plus、充電しながら音楽を聴く4つの方法

更新日:

by ryo

こんにちは、ryoです。

iPhone 7/7 Plusではイヤホンジャックが無くなりLightningイヤホンになった事で、今まで通り充電しながら音楽を聴く事が難しくなりました。

そこで今回は、iPhone 7/7 Plusで「充電しながら音楽を聴く4つの方法」を紹介します!

充電しながら音楽を聴く方法4種

①iPhone Lightning Dockを使う

まず最初は、Apple Storeで売られている公式アクセサリ「iPhone Lightning Dock」を利用する方法です。

これは「音楽を聴きながら充電する方法はないか」と尋ねたユーザーに対する、Apple上級副社長のPhilip Schiller氏の回答なので、Appleの考えと言ってもおかしくありません。

「iPhone Lightning Dockにはイヤホンジャックがついているので、これなら充電しながら音楽を聴く事が出来ます」との事ですが、持ち運ぶのはちょっと難しそうですね。

ちなみに価格は5,200円。こちらから購入する事が出来ます。

②ワイヤレスイヤホンを使う

ワイヤレスイヤホンを使えばオーディオ出力のためにLightning端子を使う事が無くなるので、iPhoneを直接充電出来ます。

それを意識してか、iPhone 7/7 Plusの発表と同時にApple純正ワイヤレスイヤホンであるAir Podsの発表も行われました。

これなら充電とイヤホンのコードが絡み合ったりする事もなく、快適に充電しながら音楽を楽しめそうですね。

Air Podsは16,800円で購入出来るようになる予定です。

③アダプターを使う

Apple Storeでも取り扱われている周辺機器メーカー「belkin」から、一つのLightning端子を二つに増やすアダプターが発売されます。

これを使えばLightningの端子が二つに増えるので、付属のEarPodsと充電コードの両方を接続する事が出来ますよ。

このアダプターは$39.95(約4,000円)での発売が予定されています。

④スピーカーで音楽を楽しむ

家で音楽を楽しむ場合は、新しくなったステレオスピーカーを使用すると良いでしょう。

iPhone 7ではiPhone 6sの二倍音量が大きく出るようになった他、端末の上下から音が出るようになったので、より深い音を体感する事が出来ます。

外出中はなかなか使う機会が無いとは思いますが、家ではこれで十分楽しめそうですね。

ということで、充電しながらLightningイヤホンで音楽を聴く方法4つを紹介しました。iPhone 7/7 Plusを購入予定の方はぜひ参考にしてみてください!

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事