日本政府も動かざるを得ない!?ポケモントレーナーへ注意喚起

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

日本でリリースされる前からここまで話題になってしまうと、国としても動かざるを得ないのかもしれません。

内閣サイバーセキュリティセンターが「ポケモントレーナーのみんなへおねがい」と注意喚起を行っています。

政府から注意喚起!

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とは、2014年に成立したサイバーセキュリティ基本法に基いて2015年に内閣官房に設置された組織。

サイバー攻撃に関する情報収集やセキュリティの監視、不正プログラムの分析などを行っているのですが、今回は『ポケモンGO』について注意喚起をTwitterにて行ったようです⇓

「ポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」には、

  1. 個人情報を守ろう:トレーナー登録には本名を使わない・自宅近くの写真をSNSに投稿しない
  2. 偽アプリ、チートツール注意:マルウェア入りのものもあるので怪しいツールを使用しない
  3. お天気アプリは必ず入れよう:警報を受信できる天気アプリを入れる・警報が出たら即座にゲームを止める

  1. 熱中症に警戒しよう:定期的に日陰で休憩する・塩分を含む水分摂取を
  2. 予備の電池を持とう:いざとう言う時に電話ができない!とならないようモバイルバッテリーを持ち歩く
  3. 予備の連絡手段を準備しよう:テレフォンカードを持ち、公衆電話の使い方を学んでおく

  1. 危険な場所には立ち入らない:地形や治安が危険な場所には立ち入らない・海外でプレイする際も細心の注意を
  2. 会おうという人を警戒しよう:会おうという人には十分な警戒を・人気のない場所でのプレイは避ける
  3. 歩きスマホは×ですよ:歩きスマホは大変危険・自転車に乗りながらのプレイももちろんダメ

すでにリリースされてる海外では、不法侵入と思われたユーザーが銃で撃たれた、夢中になっていて崖から落ちた…などさまざまな事件や事故が頻発しています。

これだけ多くの人が夢中になっているゲームなので、日本で遊べるようになった時には安全にプレイしたいですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:ツイナビ

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事