Twitterで140秒までの動画投稿が可能に! Vineも一部ユーザーを対象に140秒動画機能を開放へ

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

Twitterの動画まわりが新しくなります。今まで投稿できる動画の長さは30秒まででしたが、140秒までの長尺動画を投稿できるようになりました。

Vineも、まずは一部のクリエイターを対象に、最大140秒の動画作成が可能になるとのこと。

また、Twitter上で動画を再生した時のインターフェイスにも変更があります。

フルスクリーン再生、おすすめ動画の表示も

140秒動画は、iOS、Android、Web版Twitterで利用可能。今後Twitter for Ma/Windowsでも利用できるようになります。

以下が新機能を利用して投稿された2分間の動画です。

また、タイムラインに流れてきた動画をフルスクリーンで再生できるようにもなります。動画の下にはおすすめ動画も表示されるようになるとのこと。こちらの機能は、”近い将来”にiOS/Androidアプリにて提供されます。

Facebookがライブ配信や動画コメント機能に対応するなか、Twitterも動画まわりへさらに力を入れてきています。

TwitterやVineに投稿される動画がどのように変わっていくのか、これから楽しみですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Twitter

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事