iOS 9.3からの新機能!「Live Photos」から静止画のみを切り出す方法

更新日:

by kimi

iPhone 6sから搭載された「Live Photos」は、動物など動きのあるものを撮影する時に最適な、被写体の動きを音声付きで3秒間撮影出来る「動く写真」。

通常は動画とセットでカメラロールに保存されているのですが、iOS 9.3から密かに「Live Photosから静止画のみを切り出す機能」が搭載されていることが判明しました。早速やり方を紹介しますね

共有メニューに「複製」が追加!

カメラアプリで普通に写真を撮るだけで、シャッターを押す前後1.5秒ずつを動画にしてくれる「Live Photos」ですが、短時間とはいえ動画になることで容量が大きくなってしまいます。

そこで「写真は欲しいけど動画部分はいらない」という人のために便利なのが今回の小技。iOS 9.3以降のみ対応ですが、Live Photosから静止画のみを切り出して保存できますよ!

Screenshot by Apple

まず「写真」アプリを起動し、左下の共有ボタンをタップします。メニューが出てきたら下段を左にスワイプ→「複製」をタップしましょう。

すると「複製」と「静止画像として複製」の選択肢が出てくるので、「静止画像として複製」をタップします。

たったこれだけで、 Live Photosが普通の静止画像として新たにカメラロールに保存されますよ。

例えば「写真をシェアしたいけどLive Photosはいらない」という場合や、「少しでもパケット通信量を節約したい」という場合には有効かもしれませんね。ぜひ活用してみてください!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事