Twitterが140文字制限を撤廃!? 10,000文字まで投稿できるようになるとの報道

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

Twitterが、同サービスの特徴でもある投稿の140文字制限を撤廃する可能性が出てきました。米re/codeが、Twitterの計画に詳しい複数の情報源からの報告として伝えています。

文字数制限ならではの工夫や面白みが、Twitterの特徴の一つ。これが撤廃されることで、どのように変わってしまうのでしょうか……?

なぜ140文字なの?

そもそもなぜTwitterの投稿は140文字制限なのでしょうか。

Wikipediaタネタンによると、これはSMSの文字数制限が160文字であることに由来するのだそうです。

元々は文字数制限が無かったものの、スマートフォンや携帯電話からの利用が多くあったため、それらでよく使われるSMSを参考に160文字からユーザー名にあてる20文字を引いて140文字制限となったのだとか。

サービス開始当初は制限が無かったとのことなので、今回の報道が事実なのであれば、ある意味”原点回帰”ということになるのかもしれません。

3月にも文字数制限を撤廃か

re/codeによると、この文字数制限撤廃は2016年3月を目処に実施されるとのこと。

過去に実装されてきた新機能同様、一部ユーザーで事前にテストが行われる可能性もあるそうです。

最終的に10,000文字まで制限が拡大された投稿は、タイムライン上では縮小表示されるとのこと。ツイートをタップすることで拡大表示し、全文を読める仕様になるのではと伝えられていました。

TwitterはすでにDMの文字数制限を撤廃し、10,000文字までのメッセージを送信できるよう仕様変更しています。(参考:Twitter)また、最近実装されたアンケート機能を利用することで140文字以上の文章を投稿することができるようになっていました。

その流れから言っても、今回の報道の信ぴょう性はかなり高いものと思われます。

今後どのようにTwitterが変わっていくのか、注目していきましょう!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:re/code

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事