毎月500MBまで無料で使える!「デジモノステーション」付録の格安SIMを試してみたぞ

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

最近何かと話題の格安SIMって気にはなるけど、実際どの程度速度が出るかなどの使い勝手も分からないのでなかなか乗り換えるのには勇気がいりますよね。

そんな格安SIMが、なんと12月25日発売の雑誌「デジモノステーション」の付録で付いてくるということで、さっそく買ってきて試してみました。

付属のSIMは1ヶ月500MBまで無料で使えるという特別仕様なので、売り切れる前に即ゲットですよ!

500MB未満なら無料で使えるコラボSIMが付録で付いてくる

こちらがカメラ、スマートフォン、生活家電、AV機器などあらゆる“デジモノ”を網羅する最新デジタルグッズのセレクトマガジン「デジモノステーション」。

こちらの12月25日発売号になんと、業界初の”雑誌コラボSIM”となる「0(ゼロ)SIM by so-net」が付録として付いてくるんです。

このSIM最大の特徴は、なんと月の通信量が500MB未満なら0円で使える点!なのでとりあえず格安SIMがどんなものか無料で試せちゃうという訳。

となると500MBを超えたらすごく高いんじゃ…と心配されるかもしれませんが、500MBから2GBまでは100MBあたり100円、5GBまでは通信速度の制限なく使えて最大でも1600円の定額となっているので安心ですよ。

しかも一般的には使い始めるのに登録事務手数料が発生するのですが、コラボSIMはこれも無料!まったくお金をかけずに格安SIMを試せちゃうんです。

回線はNTTドコモ4G LTEを使っておりSIMフリー端末だけでなく、docomo端末であればそのまま使えるようになっています。

こんなお得なSIMが付いてくるんだから、すごい時代になったな〜と思いつつ、さっそく開通手続きからどんな感じで使えるか試してみますよ。

雑誌通りに開通手続きすればすぐに使える

格安SIMを使うための開通手続きは、雑誌内に分かりやすい解説が載っているのでこれを見つつやっていきます。

まずはSIMをカードから出してiPhoneにセット。今回はiPhone 6s PlusのSIMフリー端末を使って、試していきます。

お次はSIMを使えるようにするために、指定ページにアクセスしてプロファイルをインストール。

続いて開通手続き用ページにアクセスして、SIM電話番号やユーザー情報、クレジットカード情報を入力したら開通手続きは完了。

少し待ってiPhoneのステータスバーにdocomo LTEの表示が出れば、無事開通手続きは完了です。

格安SIMの設定って難しそうな印象があったんですが、いざやってみると簡単なものなのですね。

さて設定は終わったので実際どのくらいの速度が出るのか速度計測アプリで測ってみると…

1回目: 下り 10.85Mbps 上り 24.26Mbps
2回目: 下り 8.70Mbps 上り 25.65Mbps
3回目: 下り 6.06Mbps 上り 23.95Mbps
平均: 下り 8.54Mbps 上り 24.62Mbps

という結果に。実際に使ってみると、体感的には遅いと感じることはなく普通に使えるという印象。

これだけだといまいち分からないので、編集部のdocomo端末のキャリアSIMで同じ様に速度を計測してみることに。

1回目: 下り 19.73Mbps 上り 24.90Mbps
2回目: 下り 31.15Mbps 上り 25.36Mbps
平均: 下り 25.44Mbps 上り 25.13Mbps

結果にムラはありますが、さすがに差が出ますね〜。と言っても下りで平均8.54Mbpsでるなら十分実用レベルではないでしょうか。

これで500MB未満の通信量なら何ヶ月使っても無料な上に、使い始めに手数料もかからないのでとりあえず格安SIMを試してみたいという方にはぴったりです。

さすがにこれだけお得なSIMなのでAmazonでは売り切れのようですが、書店ではまだ売っているようです。試したいと思ったらなくなる前にゲットしちゃってくださいね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事