【レビュー】たった1分でデジカメの写真をSNSに投稿できる!Apple公式SDカードリーダーを試してみた

更新日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

以前コチラの記事でもご紹介した、Apple公式のSDカードリーダー。iPhone対応は初と言うこともあって、様々なところで話題になっていますよね。

しかし「気にはなっているけど、使い勝手はどうなのかなぁ…?」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、かみあぷ編集部に届いたこのカードリーダーを早速レビュー。実際に買ってみようか悩んでいた方もデジカメでよく写真を撮る方も必見ですよ〜!

iPhoneで気軽にデジカメ写真が楽しめる

今回Appleから公式に発売された、デジカメから簡単に写真や動画をiPhone/iPadに移せる『Lightning – SDカードカメラリーダー』。

実は以前からiPadに対応したものはあったものの、iPhoneに対応するのは今回が初!

デジカメで撮影した写真をiPhoneに入れるには「デジカメ→コンピュータ→iPhone」という3ステップが必要でしたが、この製品を使えばデジカメからいきなりiPhoneに取り込めるので、写真を撮ったその場でSNSに投稿する事も出来ちゃうんです。

しかも使い方は極めて簡単。Lightning部分をiPhoneに差し込んだら、メス部分にSDカードを挿入するだけです

電源なども必要ないため、かさばらず気軽に使えるのは大きいですよね。

それではさっそく、この『Lightning – SDカードカメラリーダー』を実際に使ってみましょう!

その使い勝手はいかに?

デジカメで写真を撮ったら、画像データが入っているSDカードを取り出します。

取り出したら、そのままメス部分にセット。突っかかることもなく、非常にスムーズにできました。

先端のオス部分はLightning端子になっているので、コチラをiPhoneに挿入すると読み取り開始。

数秒待つと認識され、『写真』アプリが開いてSDカード内の写真を取り込めるようになります。

「読み込む」という項目が出てくるので、カメラロールに保存したり削除ができるように。

さらに、そのまま『写真』アプリの拡張ボタンから、Twitterなどの各種SNSに簡単に投稿もできますよ。

本当だったらPCを経由しなきゃいけない作業が、iPhoneだけで簡単にできてしまいました。

この間、わずか1分2秒!ビックリするほど早いですね。

なおSDカードの中に入っている写真が少ないときは瞬間的に写真を読み込むことができても、カードの中に何百何千と大量の写真が入っているときはそれなりの時間がかかってしまいますのでご注意を!

実際に使ってみたところ、「とにかく手間無しでできるな」と言う印象でした。特別な設定も必要なく、直感的に操作できるのはかなり嬉しいポイント。

3,500円とAppleにしては非常にお手頃な価格なので、外出先で写真を撮る事が多い方は要チェックですよ〜!

Apple Storeでチェックする

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事