【続報】Apple、チップによって性能差があることを認める!交換とかは出来るの?

更新日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

先日、iPhone 6s/6s Plusに内蔵されているチップの製造元によって、iPhoneのバッテリー持ちが2時間も違う可能性があるというニュースをお伝えしましたが、今回Appleがそれに対して”認める見解”を発表しました…!

買う時にはどの製造元のチップかは分からないので、ハズレを引いたユーザーとしては不公平感が残ってしまう今回の問題…。

果たしてAppleはiPhoneの本体交換等、対応をしてくれるのでしょうか?

Appleも正式に認めたけど・・・?

iPhone 6s/6s Plusに搭載されている「A9」と呼ばれるチップ。

このA9はデバイスの性能を決めるいわば「iPhoneの脳みそ」的な役割を果たすものですが、製造元によって品質が異なっている事が話題となりました。

このチップを製造しているのは、

  • 台湾のTSMC社
  • 韓国のサムスン電子社

の2社。

iPhone 6s/6s Plusの中にはどちらかが作ったA9チップが入っていますが、サムスン電子社が製造したチップはTSMC社のチップに比べて性能が低く、電池の持ちが最大で2時間も悪いそうです。

購入時にどちらの会社が製造したチップが入っているかを知ることは不可能。

完全にランダム状態なので、サムスン電子社製のチップが入っていたら貧乏くじを引いてしまった事になります。

この問題に関してAppleはノーコメントを続けていましたが、いよいよAppleから正式な見解が発表されました。

Appleの見解は?

Arts Technicaに記載されたAppleの公式見解によると、

「2社のチップには確かに性能的な差はある。しかし差はあるとは言っても、その差はたかだか2〜3%なので誤差の範疇だ」

とのこと。

さらに、

「2社の性能を比較した実験は、日常では絶対にあり得ない状況で実験している。普通の使い方をする分には全く問題ない」

と、問題がないことを強調。

公式に性能に差はあるとは認めたものの、不良品との認識は持たないと結論づけました。

iPhone 6 Plusの場合、カメラに不具合があったためレンズ交換の対応が行われましたが、今回の場合不良品としての認識は持っていないため、そういった対応は行われないことになります。

使っていても日常生活で大きな問題になることはなさそうですが、サムスン電子社製の方が性能が落ちるのは事実ですし、中古品として売るときに買取価格が下がる可能性もあるので、ユーザーとしてはやや不公平感が出てしまいますよね…。

ちなみに、自分のiPhoneがどちらの会社のチップを使っているかを調べる方法は「 自分のiPhone 6s/6s Plusがどのチップか調べる方法 」の記事でご紹介していますので、気になった方は参考にしてみてください!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

菊太郎はこう思う!
購入したiPhoneにサムスンのチップが入っている確率は、だいたい50%くらいだそうです。
参考:arstechnica

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事