携帯売り上げランキングはiPhoneが独占!今回、最も売れたiPhoneモデル/キャリア/容量はどれ?

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

とあるマーケティング企業によって、日本で売れた携帯電話ランキングが発表。

Android勢を抑えてトップ10をiPhoneが独占という凄まじい結果になりました。

そんなトップ10を占めたiPhoneですが、モデル、キャリア、容量を見ていくと、興味深いものが得られましたよ!

最も売れたiPhoneはどれ?

マーケティング業務を行うGfK社により、日本における携帯電話の売り上げランキングが発表されました。

気になる結果は以下の通り。

今季最も売れた携帯電話は、「SoftBankのiPhone 6s(64GB)」という事になりました。

驚くべき事にトップ10はすべてiPhoneが独占。iPhoneの強さを改めて思い知らされましたね。

このランキングで注目すべき所は主に3つありますが、まず1つ目は「SoftBankが1位であること」

SoftBankは2012年のiPhone 5発売以来ずっとトップの座を守っており4連覇中。

もともとiPhoneはSoftBankのみの販売だったこともあり、iPhoneの老舗キャリアとしての存在感を見せつける結果になりました。

データメインの料金プラン(いわゆる7GBプラン)を廃止したdocomoや、発売当初通信状態が悪かったauに比べると、SoftBankは安定した料金プラン、安定した通信を行っていたので、ずっと首位でいられたのかもしれませんね。

iPhone発売当時のSoftBankは回線の評判が悪く「SoftBankじゃなきゃiPhoneにするのになぁ…」という人もいたくらいなのに、他社をリードするほどの品質を身につけたSoftBankの企業努力がうかがえます。

そして次に気になる点は「ランキングにiPhone 6 Plus/6s Plusが含まれていないこと」

ランキング上位10位占めているのはiPhone 6/iPhone 6sだけで、大型のiPhone 6 Plus/6s Plusが一切含まれていません。

大型スマホ(ファブレット)が流行している欧米に比べると、日本は片手だけで操作できる小型スマホの方が人気。

日本では通勤/通学時に鉄道を使用することが多く、つり革に捕まりながら片手でiPhoneを操作することが多いため、片手操作が難しいiPhone 6 Plus/6s Plusが避けられたのかもしれませんね。

3つ目は、「トップ3は64GBで占められていること」。

iPhoneには、16GB/64GB/128GBの3種類の容量が用意してありますが、どのキャリアも一番売れた容量は64GBでした。

photo credit: IMG_0036 via photopin (license)

これは「16GBだと少なすぎるけど、128GBだとさすがに多すぎる。中間の64GBでいいや」という真理が働いたと考えられます。

とは言えカメラの解像度も増えたことに加え、静止画と動画の中間のような「Live Photos」も登場したので、容量の消費は増える一方

今後はもっと大きな容量に対する期待が集まるかもしれませんね。

photo credit: iOS 8 icons via photopin (license)

と言うわけで、iPhoneの売り上げランキングを見ていきました。

今回の1位は「SoftBankのiPhone 6s(64GB)」でしたが、実は毎年「SoftBankのiPhoneで中間の容量」が第1位だったので、例年通りの結果になったことになります。

2016年発売が噂されているiPhone 7でもこの流れを継続するのか、それとも大きく変わっていくのか…。

はやくも次期iPhoneの発売が楽しみですね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

菊太郎はこう思う!
時期iPhoneはフルモデルチェンジになるはずですが、サイズが大型化するのか小型化するのか気になりますよね。
参考:IT media

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事