【悲報】iPhoneのブラウザアプリでは「プライバシーモード」でも情報が漏れる!?

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

iPhoneのブラウザアプリ『Safari』『Chrome』には、ウェブ履歴やキャッシュを残さない「プライバシーモード」「シークレットモード」という機能がありますが、ある使用状況下では情報が漏れてしまうことが判明しました。

安全だと思っていた「プライバシーモード」でも情報が漏洩してしまう状況とは、一体どのようなものなのでしょうか?

情報漏えいの原因は?

『Safari』や『Chrome』にはそれぞれ「プライベートブラウズモード」「シークレットモード」が搭載されていて、他の人に知られたくない内容を検索する際に使用している人も多いですよね。

しかし実は、Web上に記録が一切残らないわけではないらしいんです。例えば『Chrome』のシークレットモードには「雇用主、インターネットサービスプロバイダ、訪問先のウェブサイトに閲覧内容が知られる可能性がある」という記載が…。

一体どういうことなのかと言うと、Chromeのヘルプセンターには、

  1. シークレットモード時に閲覧したウェブサイト情報はGoogle Chromeアプリには保存されない
  2. しかし、iOS端末では「通常モード時に開いたタブ」と「シークレットモード時に開いたタブ」でHTML5(※1)のローカルストレージが共有されている→HTML5を使用したウェブサイトの場合、シークレットモード時に閲覧したウェブサイトに関するアクセス履歴などのデータにアクセス可能

と書かれています。

※1「HTML5」とはWebページ上に音声や動画を簡単に表示させることができるようになった最新版のWeb言語。

要するにシークレットモードで閲覧した履歴は、『Chrome』アプリ自体には保存されませんが、iPhoneなどのiOS搭載端末自体には、「通常モードのタブ」と「シークレットモードのタブ」で同じ保存領域を共有しているということ。

そのため、HTML5を使用してサイト内の検索ボックスを作成しているようなウェブサイトでは、『Chrome』をシークレットモードで使用したはずの検索内容が表示されてしまうことがある…というわけなんです。

そのため、せっかくプライバシーモードを使ってブラウジングをしても、誰かにiPhoneを貸した時になどに「検索したワード」や「入力したワード」等を知られてしまう…ということに><

これだけでも怖いのですが、さらに「HTML5」以外にももう1つ、情報が漏れてしまう原因があるそうですよ…。

もう1つの原因「AirPlay」

もう一つの原因として挙げられているのが、Apple端末間でストリーミング再生を楽しむ「AirPlay」という機能。

こちらの場合は、例えば

  1. プライバシーモードを利用してiPhoneでムービーを再生
  2. AirPlayを使いそのムービーをMacに飛ばし、Macで楽しむ

とした時に、ファイル名やタイトルがAirPlayの「最近再生したもの」という項目に残ってしまい、誰でも簡単に確認出来る状況になってしまうそう。

下記の画像のように、もし『Safari』のプライバシーモードでアーティストのPVをAirPlayで鑑賞した場合、タブを閉じたとしてもiPhoneの通知センターには情報がしっかりと残ったままになってしまいます。

また、このデータはAirPlayで映像を写した側の端末(Mac等)側にも残ってしまうそうなので、手動で削除するなどの注意が必要とのことですよ…。

以上のことから、たとえプライバシーモードなどを利用しても完全にはプライバシーを確保できないということが分かってしまいました。くれぐれも検索する内容や、再生する音楽・ムービーにはご注意を…!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:ma.ttias.be via Gigazine

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事