YouTubeを見るだけもNG?漫画はOK?違法ダウンロードとなるコンテンツとは…

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

大好評、法律シリーズ第6弾!先日、違法アップロードに含まれるコンテンツと、その罪の重さについてお伝えしましたが、今回はもしかしたらネットユーザーにもっと身近かもしれない”違法ダウンロード”についてご紹介します。

「YouTubeで動画を見るのも違法」「漫画をダウンロードするのは違法ではない」など巷で言われていることは本当なのでしょうか?

違法ダウンロードとは

今から5年前の2010年1月1日より、違法にアップロードされていると知りながら音楽や動画をダウンロードする行為は違法となりました。

しかし、この法改正後も違法にアップロードされている音楽や映像をダウンロードする行為は減らず、2012年10月1日には違法コンテンツをダウンロードすることが刑事罰化されました

罪の重さとしては、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、あるいはその両方が科せられるように。

そもそもダウンロードとは、ネット上から自分のPCやスマホなどにファイルをコピー(複製)すること。

私的目的であれば「私的複製(※1)」が適用される場合があり、著作者の許可なくコピーが可能ですが「じゃあ私的目的ならすべてダウンロードしてもOKなのか?」と言うとそういうわけではなく、私的目的でも「違法ダウンロード」に当てはまる場合は違法となるんです。

※1 単に私的利用のために著作物を複製するのであれば、著作権者にそれほど経済的損失を与えることはないだろうという見地から認められたもの。例えば、個人的にCDからカセットテープに音楽をダビングする行為等が該当する。(参照:Weblio辞書

では違法ダウンロードとはなんなのか…違法ダウンロードとは「違法にアップロードされている動画や音声の著作物を、違法なものと知りながらダウンロードする行為」のこと。

そして、その中でも刑事罰の対象となるのは「違法にアップロードされた”有償著作物”だと知りながら、ダウンロードする行為」のこと。

“有償著作物”とは「録音または録画された著作物であり、なおかつ有償で公衆に提供されているもの」、つまり本来はお金を払わないといけないコンテンツのことを指します。

なので例としては

  • CD
  • DVD
  • ブルーレイ
  • 有料でネット配信されている映画/音楽作品等

などが当てはまります。

もちろん、YouTubeなどの動画投稿サイトに無断でアップロードされている曲やPVなどをダウンロードするのもNG

ただし「YouTubeなどは、ただ閲覧するだけでもキャッシュ(複製)が作成されるから違法になるんじゃ?」という意見も見られますが、閲覧するだけなら著作権侵害には該当しないためご安心を!

また、CDや映画と同じくらい違法アップロードされている漫画や小説はどうなのかと言うと、先述した通り有償著作物とは「録音または録画された著作物であり、なおかつ有償で公衆に提供されているもの」。

漫画や小説は有償で公衆に提供されていますが、録音または録画された著作物ではないため、違法ダウンロードのコンテンツとしては含まれません。

photo credit: Book Off via photopin (license)

また漫画や小説と同様、録音・録画された著作物だとしても無償で提供されているもの(例:DVD化されていないテレビ番組等)も刑事罰のコンテンツとしては含まれません。

ただしここで注意しなければならないのは、漫画などは「刑事罰の対象とはならない」ものの、著作権を侵害している”法律違反”で、違法ダウンロードであるというのは間違いなく、著作者から民事裁判を起こされる可能性がある(※2)ということ。

※2 違法アップロードと同じように、違法ダウンロードは「親告罪」となっており、コンテンツの著作者からの告訴がなければ罪に問われることはほぼありませんが、親告罪においても第三者による告発や警察独自の判断による捜査、あるいは現行犯逮捕などは非親告罪と同様であり、告訴は強制捜査後に受理する場合もあります。また、著作権法の非親告罪化への法整備も進められています。(参照:Wikipedia

「本来お金を払わなければ手に入れられないコンテンツが、ネットで無料で楽しめる」というのがそもそもおかしいことですよね。それが違法ダウンロードの刑罰の対象とならなくとも、法律違反となっていることを忘れてはいけません。

まとめ

ということで、違法ダウンロードについてご紹介しました。まとめると…

  • 違法アップロードされた動画・音声をダウンロードする行為が「違法ダウンロード」
  • 違法ダウンロードに該当すれば私的目的でも違法
  • 有償のもの(CD・DVD)などを違法ダウンロードすれば刑事罰(逮捕)の対象となる
  • 違法アップロードされた漫画等は”動画・音声以外のファイル”なので一応合法(民事訴訟される可能性あり)

ということ。

また、「違法にアップロードされてると知りながら〜という一文が記載されてるから、違法とは知らなかったと言えば罪に問われない!」なんて思っている方も中にはいるかもしれませんが、例えばCDや映画などは一般的に商品として認識されており無料で手に入ることはまずありません。

それを無料でダウンロードする場合、無料セールなどでない限り普通は”違法アップロードされたファイル”と考えられ、「違法ファイルと知っていた」と取られます。そのため「違法だと知らなかった」という言い訳は通用しない可能性が大

先ほども言った通り「本来お金を払わなければ手に入れられないコンテンツが、ネットで無料で楽しめる」ということはまずありません。

ネット上には確かに違法アップロードされたコンテンツが無数にありますが、ほんの出来心でダウンロードした時のリスクは多大です。絶対にダウンロードしないよう気をつけましょう!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事