Facebook、過去の投稿が検索しやすく進化! 見られたら困る投稿は共有範囲の見直しをしよう

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

Facebookが、「Facebook Search」という名前の新しい投稿検索機能の提供を発表しました。

これは以前から提供されていた「グラフ検索」機能を改良したもので、今後は投稿に含まれるキーワードによって検索できるようになります。

まずはアメリカでiOSアプリとウェブ版にて機能が開放され、その後Androidアプリで利用できるようになるとのこと。日本での提供開始は今のところ不明ですが、今のうちから投稿内容には気を使っておいた方が良さそうです!

ググる感覚で検索できるように

新しいFacebookの検索機能では、今までと比べて直感的に投稿の検索ができるようになります。

例えば、ジェシカ(Jessica)という名前を検索窓に入れると、以下のようにサジェストによって「ジェシカ 結婚」「ジェシカ ミューア・ウッズ」といった検索キーワードの候補がいくつか表示されるようになります。

これを選択することによって、素早く過去の投稿に辿り着けるというわけです!

検索結果に表示される投稿は、投稿の共有範囲によって変わります。「自分のみ」にした投稿は誰の検索にも表示されませんが、「友達」にした場合は友達になっているユーザーの検索結果に、「公開」にした場合は全てのユーザーの検索結果に表示されることとなります。

もし、「公開」にした投稿が多く、それらを検索されたくない場合は、Facebookアプリの「その他」→「設定」→「プライバシー」と進み、「友達の友達とシェアまたは公開でシェアした投稿の共有範囲を変更」をタップ。説明をよく読んで「共有範囲を変更」しておきましょう。

今まで以上に自分の投稿が見つかりやすくなります。Facebookを利用している方は、ご注意を!!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Facebook 1 / 2

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事