iPhone 6 Plus 128GBのクラッシュ問題、Appleはアップデートで対応するとの情報

投稿日:

by ハンサムクロジ

Photo by iFixit

どうもハンサムクロジです。

以前お伝えしたiPhone 6 Plus 128GBモデルのクラッシュ問題について、AppleはiOS 8.1.1にアップデートによって対処するようだとの情報BUSINESS KOREAにて伝えられていました。

端末のリコールがありえるかもしれないとも伝えられていましたが、そういった対応はしないとのこと…。

ただし、これから生産される端末については、一部仕様を変更したものになるようです!

原因となっているTLC(Triple Level Cell)の使用も停止

今回のクラッシュバグの原因ですが、これについては以前からTLC(Triple Level Cell)方式のフラッシュメモリにあると言われていました。

記事によると、AppleはこのTLC(Triple Level Cell)方式のフラッシュメモリの使用を停止するそうで、既存の端末についてはiOS 8.1.1で対処するものの、今後生産される端末については新しくMLC(Multiple Level Cell)方式のフラッシュメモリを使用することを決定したのだそう。

フラッシュメモリの変更があるのはiPhone 6 Plusの64GBモデルと128GBモデルとのことです。iOSアップデートで不具合の解消を目指しているとはいえ、今後生産される端末は中身がグレードアップされるとなると、既存の端末を利用している人は損をしたような気持ちになりますよね……。

とりあえず今は不具合解消のため、次期アップデートの早急なリリースを期待して待ちましょう!

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られていない

参考:BUSINESS KOREA

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事