アプリも周辺機器も不要!iOS 8では歩数や歩行距離が自動計測されてるぞ

更新日:

by kimi

こんにちはkimiです。

「1日1万歩歩くと健康に良い!」なんてことはよく聞きますよね。歩数計やiPhoneの歩数計のアプリを入れている人もいるかもしれません。

しかし実はiOS 8で追加された「ヘルスケア」アプリを使えば、周辺機器やアプリを使わずに歩数や歩いた距離を確認できるようになりました!詳しく紹介します!

「ヘルスケア」アプリで歩数や歩行距離、登った階段数もわかるぞ

iPhone 5s、6、6 Plusには「M7」もしくは「M8」と呼ばれるコモーションプロセッサが搭載されています。このプロセッサがあることで、位置情報や加速度、ジャイロスコープなどiPhoneの動きに関したデータを独立して処理することができます。

具体的には、歩数や歩行距離、登った階段数などを知ることが可能。新たにアプリや周辺機器を入れることなく情報を見ることができるのですごく気軽ですよ。

歩数情報などを見るためには、「ヘルスケア」アプリを起動→「フィットネス」を選択します。

「ウォーキング+ランニングの距離」をタップすると今までに歩行もしくは走行した距離が表示されます。

また、先ほどの画面に戻り「歩数」をタップすると、歩数が表示されます。

iPhone 6/6 Plusでは、登った階段の記録もできますよ!実はiPhone 6/6Plusには気圧計が搭載されているため、階段の登り降りも記録できるんですね。残念ながらiPhone 5sでは記録できません…。

さらに「ダッシュボードに表示」をONにしておくと、このように各グラフを一覧できようになります。これなかなか便利ですよ!

サードパーティ製の歩数計アプリも何種類かありますが、どうせなら消すことのできない標準アプリで見るという手もありますよ!ぜひ試してみてくださいね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事