iOS 8で追加された各種新機能を無効にする方法まとめ!使わないものはオフにしよう

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iOS 8で追加された各種新機能のうち、必要ない場合に無効にできるものをまとめてご紹介したいと思います。

便利なものもありますが、なかなか慣れずに利用していない機能は多いのではないでしょうか。

必要ない機能にバッテリーを食われるのももったいないですし、サクッと無効化してしまいましょう!

1.QuickType

「QuickType」は、キーボード上部に出てくる予測変換機能。英語キーボード利用時に表示されるものです。必要なければ無効にしましょう。

設定アプリの「一般」から「キーボード」を選択。

「予測」をオフにすれば完了です!

また、表示されている時に下スワイプで折りたたむこともできます。

たまに使いたいけどそれ以外の時は邪魔……という方は、これで非表示にしておくのもいいと思います!

2.HandOff

新しく搭載された「HandOff」機能として、ロック画面にアプリアイコンが表示されることがあります。これも非表示にできますよ〜!

設定アプリの「一般」から「HandOffと候補のApp」を選択。「自分のApp」と「App Store」をオフにすれば完了です!

3.簡易アクセス

iPhone 6/6 Plusでは、片手でも使えるようホームボタンを2回タップすると画面全体が下がる「簡易アクセス」機能が提供されています。

誤作動してしまうこともありますし、これも必要なければオフにしてしまいましょう!

設定アプリの「一般」から「アクセシビリティ」を選択。「簡易アクセス」をオフにすればOKです。

4.連絡先の履歴・電話のよく使う項目

4つめはアップスイッチャーに表示される「連絡先の履歴・電話のよく使う連絡先」。これは必要ない方が多そうな気がします…。

こちらも設定アプリを起動。「メール/連絡先/カレンダー」に入り、下部にある「Appスイッチャーに表示」を選択。

「電話のよく使う項目」と「履歴」をオフにすれば完了です!

以上、iOS 8の新機能でオフにできるもの4つの無効化方法でした。

必要ないなと感じていたかたは、これらを参考に設定を見なおしてみてはいかがでしょうか!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事