もう遅刻なんてしない!iOS 8の「標準カレンダー」は移動時間も計算してくれるぞ

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

予定を管理するのに、iPhone標準搭載の『カレンダー』アプリを使っている方も多いと思いますが、iOS 8でさらに便利になったことにお気づきでしょうか?

住所を入力するだけで地図を表示してくれたり、「そろそろ移動開始しないと遅れちゃうよ!」など、移動時間を考えた通知をしてくれるようになったんです!

遅刻魔の人も安心!

今までの『カレンダー』でも住所の入力はできましたが、iOS 8からは住所を入力すれば、自動的に地図の表示もしてくれるように!

もちろんこの地図をタップすれば『マップ』アプリが起動しますよ。これで集合場所まで迷子になりませんね。

そして地図以外にも便利になったのが、移動時間を自動的に計算してスケジューリングしてくれるところ!

住所を入力後、移動時間をオンにし出発地を入力すれば…自動的に移動時間を計算してくれるんです!

最後に通知を「移動時間の◯分前」に設定しておけば、「ヤバい、遅刻だ><」なんてことはなくなりそうですね。

ということで、さらに進化した『カレンダー』アプリをご紹介しました。みなさん予定を立てる時の参考にしてみてくださいね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事