iOS 8のSpotlightが進化!App StoreやWikipediaの検索結果が表示されるようになったぞ

投稿日:

by じんないたくみ

どうも、じんないたくみです。

アプリを開かずにいろいろ検索できちゃう便利な機能、それが「Spotlight」です。

これまでも連絡先やミュージック、Web検索がアプリを開かずにカンタンにできてかなり便利でしたが、iOS 8ではApp StoreやWikipediaの検索候補まで表示してくれるようになりました!

これすごくいい!

SpotlightでApp StoreやWikipediaに直接アクセス!

Spotlightとは、ホーム画面でiPhoneの画面を手前に引いたときに出てくる、あの検索窓です。

そしてiOS 8では入力したキーワードからApp StoreやWikipedia、Webの検索結果を表示してくれるようになりました。これは地味に便利!

しかもWikipediaなどは、Safariで開いたりせず、そのまま内容が確認できちゃう!

「あれ? 表示されないけど?」という人は「設定」→「一般」→「Spotlight検索」の「Spotlightの検索候補」にチェックを入れてください。

これでバッチリ使えるはずです!

また「BingのWeb検索結果」を有効にすれば、Bingでの検索結果上位3つを表示してくれるようになります。これはいつかGoogleにも対応してほしいところ!

Spotlightはアプリを起動することなく、横断的に情報を検索できて、実はかなり便利な機能。ぜひ使いこなしましょう!

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事