ホーム画面の横向き表示や光学式手ブレ補正など!iPhone 6 Plusにしかない機能まとめ

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

ついに発売されたiPhone 6&iPhone 6 Plus。ですが、まだ「どっちを買おうかな〜」と迷っている方もいらっしゃいますよね。

サイズが違うのはもちろんですが、それ以外にもiPhone6と6 Plusには機能面での違いがあるんです。

そこで今回は、iPhone 6にはないiPhone 6 Plusの機能をまとめてご紹介します!

バッテリー持続時間

まずは先日もお伝えした通り、iPhone 6 Plusのバッテリー持続時間はiPhone 6や前機種の5sに比べ、最大で2.4倍ほど長持ちします。

もちろん5sに比べるとiPhone 6も若干改善しておりますが、Plusは段違いですよ〜!

光学式手ブレ補正

iPhone 6/6 Plusのカメラには、ピントを素早く合わせる「Focus Pixels」、写真のブレを最小にする「手ブレ補正」が付きました。

さらにiPhone 6では通常の「手ブレ補正」ですが、iPhone 6 Plusでは「光学式手ブレ補正」と、デジカメ並みの機能が!

iPhone 6とiPhone 6 Plusの画素数等は同じですが「光学手ブレ補正」が搭載されているのはiPhone 6 Plusだけなんです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ→iPhone 6/6 Plusではカメラ精度もグーンとアップ!どれだけ違うのか実際に撮ってみたぞ

横向き表示

iPhone 6 Plusはホーム画面の横向き表示にも対応しました。

そして『メール』アプリの画面もこのように、左に一覧・右に本文と、大きな画面を活かした表示になっています。

他にも『メッセージ』や『メモ』、『天気』や『株価』なんかも横向き表示に対応していますよ。

さらにアプリフォルダも横向き表示を活かした作りに。今まではフォルダ内のアプリが多いと、このようにページをめくる形でしたが…

iPhone 6 Plusの横向きでは、隣に前ページや次ページが表示されるようになりました。

アプリが多いと、どこのフォルダに入れたっけ?と探すことも多いですが、こうして見ると探しやすくなりますよね!

ということで、iPhone 6 Plusにしかない機能をご紹介しました。「6と6 Plus、どっち買おうかな〜」と思っている方は是非参考にしてみてくださいね!

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事