MacBookの「バッテリーの状態管理」機能って何?【macOS Catalina 10.15.5 の新機能】

投稿日:

by Amamin

macOS Catalina 10.15.5からMacBookシリーズに「バッテリーの状態管理」機能が追加されました。

今回はこの機能について解説しましょう。

「バッテリーの状態管理」の効果

MacBookシリーズのバッテリーはリチウムイオン技術が使われています。

その為バッテリーは年々劣化していくのですが、劣化の原因は使用期間だけではなく、温度管理や充電パターンの影響を大きく受けます。

「バッテリーの状態管理」機能はバッテリーの耐用年数を延ばすことを目的とした機能で、バッテリーの状態や利用状況から最大充電量を自動的に抑えることがあります。

その為、外出時にMacBookを使う際にバッテリーの使用時間が短くなる可能性があります。

もし最大充電量が100%にならない状態で外出する必要がある時はオフにすることが可能です。

「バッテリーの状態管理」の場所

この機能を確認するには「システム環境設定」で「省エネルギー」を選択肢することで表示されます。

上記矢印のボタンをタップすることで、MacBookのバッテリーの状態が正常なのか、異常なのか確認することができます。

機能をオン・オフ切り替える方法

「省エネルギー」で「バッテリーの状態」をタップすると、「バッテリーの状態管理」のチェック欄が表示されます。

ここでチェックをする、もしくは外してOKボタンを押すことで機能のオン・オフの切り替えが可能です。

デフォルトではオン設定になっています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事