iPhone11の背面から「iPhone」の文字が消えリンゴマークが中央に、その意味とは?

投稿日:

by Amamin

まもなく発表されるiPhone11ですが、背面から「iPhone」の文字が消えるようです。

「その方がシンプルだからそうしたのでは?」と思われがちですが深い意味があるようですよ。

iPhoneの文字を消し、リンゴマークを中央に置いた訳

これまでのiPhoneと言えば、リンゴマークとiPhoneの文字があるのが定番でした。

これはこれで違和感は全く無いわけです。

しかしながらこのデザインのままiPhone11に対応するとこのようになります。

トリプルカメラが占有してる領域が大きい為、リンゴマークとの隙間がほとんどありませんよね。

すこし不格好と言えば不格好かもしれません。

その為、iPhoneの文字を削ってリンゴマークを中央に置いた訳です。

またiPhone11にはワイヤレスパワーシェアという機能が追加されるとされており、iPhone同士やAirPods、Apple Watchを充電できると噂されています。

つまりリンゴマークがiPhone背面の中央にあることで「ここに置くと充電できる」という目印にもなる訳です。

参考:9to5mac.com

関連記事