iPhoneの紛失モードの使い方|iPhoneを落としたり無くした時の為に

更新日:

by Akai

iPhoneを紛失して焦ってる人

「iPhoneを落としてしまった…。拾ってくれた人にメッセージを送りたいんだけどな。勝手にモバイルSuicaとか使われても嫌だし。」

 

今回はiPhoneの紛失モードを使って、iPhoneを無くした時にどうすれば良いのか紹介していきますよ。

▶本記事の内容

・iPhoneの紛失モードを使うとどうなるのか?

・iPhoneの紛失モードの設定方法

・紛失モードが使えないケース

 

紛失モードを使えば、iPhoneを拾ってくれた人が返してくれる可能性がグッと高まりますよ。

【iPhoneは紛失モードになるとこうなる】

紛失モードを使用するとiPhoneがロックされ、他人が自分の個人情報にアクセスできないようになります。

具体的には紛失モードになることによってiPhoneは下記のような設定になります。
  • 上記のように画面にカスタマイズメッセージを表示できる
  • メッセー、通知、アラームなどのサウンドが再生されない
  • Apple Payなどのクレジットカード、デビットカードの機能が停止される

※紛失モードは「iPhoneを探す」アプリに搭載されています。実はすごい機能なのでコチラの記事もご確認ください。

「iPhoneを探す」に隠された盗難抑止機能|使い方と機能解説

紛失モードの使い方

ではiPhoneの紛失モードの設定方法を紹介していきます!

まず始めに「iPhoneを探す」アプリを開きます。


「iPhoneを探す」アプリを開くとApple IDでのログインが求められます。

開くと下の方にiPhoneの画像がでてきます。 紛失モードにしたいiPhoneを選んでください。

タップした先に「紛失モード」があるのでそちらをタップ。

「紛失モードをオンにしますか」と聞かれますので、オンにするを選択します。

拾ってくれた人へのアクションを設定しよう

ここから、紛失モードになった時の設定をします。 初めに、パスコードを入力します。

次に、電話番号を入力します。

最後に、紛失モード時のロック画面に表示させるメッセージを入力します。

これで設定が完了となります!

紛失モードになったiPhoneは以下の写真の通りになり、他人からアクセスすることが できなくなります。

もしこの状態でiPhoneを強制的に初期化してもアクティベーションロックがかかり、再使用することはできなくなります。

もちろん初期化できるのでご安心ください。

iPhoneを初期化する方法|下取りや譲渡でアクティベーションロックになった時の解除方法とは

紛失モードの解除方法

「iPhoneを探す」で解除する

ここではPCの場合を紹介します 。

パソコンから「iCloud.com」へアクセスします。

ログインしたあと、「iPhoneを探す」を選択し、下記の画面にいきます。 そこで、「すべてのデバイス」⇨ 「紛失モード」をタップします

そこから「紛失モードの停止」を選択します。

再度、「紛失モードの停止」を確認されますが、それも選択します。

以上の手順で、「iPhoneから探す」から解除できます。

直接解除する

iPhoneが手元にある場合は直接解除するほうが楽です。 方法は、紛失モード時に設定したパスコードでロックを解くだけです。

iPhoneの紛失モードが使えない時

紛失モードは無くしたiPhoneが電波を受信できない場合は有効にはなりません。

ですので、拾った人がiPhoneの電源を落としてしまうと紛失モードが機能しないのでご注意ください。

※「iPhoneを探す」を使ってもiPhoneが見つからない場合がそうです。

以上、紛失モードの説明でした。

iPhoneがもし無くなった時のために、ぜひ覚えておいてくださいね!


関連記事