【iOS 11】片手キーボードが使えない?原因はこれかも

更新日:

by yumi

iOS 11で登場した新機能の中でも、特に評判が良い「片手キーボード」。

左右にキーボードを寄せられるので大きな端末でも片手で文字入力でき便利なのですが…なぜか対応している端末で片手キーボードが使えない現象が発生しているようです。

その原因はもしかしたら「拡大」かもしれません!

片手キーボードが使えなかったらここをチェック

先日片手キーボードの使い方や設定方法をご紹介しましたが、その中で読者の方から「使えない」というコメントを頂きました。使えない原因についていくつか考えられるのでご紹介します。

まず片手キーボードに対応しているのはiPhone 6以降の端末です。

iOS 11はiPhone 5s/SEもサポートしていますが、5s/SEはそもそも端末が小さいためか片手キーボードは利用不可。なので「もし使えない」という方はまずはiPhoneのモデルを確認してみてくださいね。

そしてiPhone 6以降なのに使えないんだけど!?という方は、もしかしたらiPhoneの表示設定が「拡大」になっているのかもしれません。

拡大表示にした記憶がなくてもiPhoneの初期設定でしてしまった可能性があるので、設定アプリ→「画面表示と明るさ」→「表示」が拡大になっていないかチェックしてみてください。

もしここが「拡大」になっていたら、「標準」→「完了」をタップ。

これで片手キーボードが使えるはずです!

iOS 11にアップデートしたのに使えない…とお困りだった方は、ぜひ上記の設定を見直してみてくださいね。

※Plusモデルは拡大表示でも片手キーボードの利用が可能です

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事