Appleが北朝鮮に進出…なわけないけど、「IPad」が発売されたらしい

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

毎週ミサイルを発射し、世界を脅かしている北朝鮮。そんな北朝鮮で「IPad」が発売されたそうですよ。

iPadと言えばもちろんAppleのタブレットですが…果たして本当に「iPad」なのでしょうか?

北朝鮮のiPadは…

今回「IPad」を発売したのは北朝鮮の企業Ryonghung。そしてそのIPadがこちらです⇓

私たちが知っているiPadとは似ても似つかないものですね…。この「Ryonghung IPad」は、

  • クアッドコア1.2GHzプロセッサ
  • 1GBのRAM
  • 8GBのストレージ

というスペックのタブレット(?)。見ての通りキーボードが搭載され、HDMIも付属しているとのこと。

AppleのiPadの場合はどちらも別途購入する必要があるので、その点は「Ryonghung IPad」の方が優れているのかもしれませんね(白目)

ちなみにこのIPadでは、

  • 電卓
  • 健康百科事典
  • 医療アプリ
  • 農業プログラム

など40以上のアプリが使用できますが、一部のアプリはSDカードを介してロードする必要があるそうです。

以前はiPhone 3Gにそっくりな「ピョンヤン・タッチ」が登場したこともある北朝鮮。

普段から「核の雹をふらせる」「本物の戦争の味がどのようなものかをはっきりと見せてやろう」などとアメリカを敵対視しているのにも関わらず、アメリカ企業の製品名をパクってしまうのは…いかがなものなんでしょうね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:MacRumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事