悲報すぎる…「iPhoneを持ち上げるだけでスリープ解除」が使えるのはiPhone 6s/6s PlusとSEのみ

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

iPhone 5/5c/5s/6/6 Plusユーザーのみなさま、悲報です。

iOS 10で搭載された「iPhoneを目の前に持ち上げるだけでスリープ解除」ができるのは、iPhone 6s/6s PlusとSEのみということが判明しました…(´Д⊂

Raise to wakeは限られた機種のみ

iOS 10には、iPhoneを目の前に持ち上げると自動的にスリープ解除される「Raise to wake」機能が搭載されています。

この機能によりTouch IDが搭載されているiPhoneでは、

  1. iPhoneを目の前に持ち上げてスリープ解除
  2. Touch IDでロック解除

となり、今まで必要だった「物理ボタンを押す」というアクションが不要になりました。

しかしここに来て、このRaise to wakeを利用できるのはiPhone 6s/6s PlusとSEのみと判明…Σ(゚Д゚)

そもそもこのRaise to wakeが搭載された経緯として、WWDC 2016では

  • iPhone 6s/6s Plusには指紋認証がより高速化された第2世代のTouch IDを搭載している
  • そのためホームボタンを押してスリープを解除するとそのままロックも解除されてしまい、ロック画面の通知を見ることができない
  • それに対処した機能がRaise to wake

と説明されていました。

しかしiPhone SEのTouch IDは第1世代なので、なぜiPhone 5sや6/6 Plusでは使えないのか不明ですよね…。

iOS 10の一般リリースまでに対応機種が増えていることを祈りましょう><

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事