【いよいよ明日】iPhone 6sにデータ移行するとき、知っておきたい5つのポイント

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

明日は待ちに待ったiPhone 6s/6s Plusの発売日!

新しいiPhoneを使う前に今まで使っていた古いiPhoneからデータを移行する必要がありますが、その方法は「古いiPhoneからデータを移行する方法」の記事でご紹介しました。

…が、実はこの移行作業の時に知っておきたい大切なポイントが5つあります。明日に備えてぜひチェックしてみてください!

届いてすぐにiPhoneを使いたい!

いよいよ明日に迫ったiPhone 6sの発売日!長年愛用していた古いiPhoneに別れを告げて、新しいiPhone 6sを迎え入れるための準備は整ってますか?

新しいiPhoneが到着したらまずやらなければいけないのは、以前の記事でご紹介した「古いiPhoneから新しいiPhoneへのデータ移行作業」。iPhoneが届いてもいきなり使える訳ではなく、今までのiPhoneに入っている電話帳やアプリのデータなどを移さなければなりません

でも、この移行作業は地味に時間がかかる作業。目の前の新型iPhoneで早く3D Touch等を試してみたいのに、データ移行が終わるまでお預け状態は辛いですよね。

でも今回ご紹介する方法を使えばiPhoneの移行がスムーズにいって、新しいiPhoneがすぐに使えるようになるかもしれませんよ!

1:暗号化バックアップをオンにしておく

今お使いのiPhoneには、アプリやWebサイトのパスワードなどが記憶されていることと思いますが、新しいiPhoneに移行するとそれらのパスワードはすべて消えてしまいます

そうなると、パスワードをもう一度全部入力しなければならないですし、忘れてしまったらパスワード再請求が必要になったりととても面倒ですよね…。

ですがご安心を!バックアップの設定をちょっと見直すだけで、パスワードも新しいiPhoneに全部移行することが出来るんです。

その方法とは、iTunesのバックアップ項目にある「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックしてからバックアップを取るだけ。

この時にパスワードを聞かれますが、新しいiPhoneにデータを移行する時にも聞かれるので、絶対に忘れないように気を付けてくださいね。

たったこれだけでパスワードの手間が大幅に減るので、ぜひともチェックするようにしましょう〜!

2:写真を整理する

整理していない写真が、カメラロールにどっさり溜まっていたりしませんか?

たくさん写真が入っているとバックアップ・復元共に時間がかかってしまうので、iPhoneの中に入っている写真をあらかた整理しましょう。

iPhoneの中に入ってる写真をコンピュータのハードディスクや、iCloud、Googleフォトに保存出来たら、思い切ってiPhoneに入っている写真を全削除

OS Xの『写真』アプリなどで必要な写真だけをチョイスして同期したり、iTunesの写真設定にある「写真の同期」をオフにすれば、写真の同期にかかる時間を大幅に減らすことが出来ます。

何もしないとカメラロールに写真が溜まっていく一方なので、この機会に大掃除してみてくださいね。

3:同期する音楽・ビデオを整理する

iPhoneと同期している音楽やビデオが多くなると、復元するのに相当時間がかかるようになってしまいます。

なので良く聞く音楽だけのプレイリストを作成し、そのプレイリストだけ同期するような設定にしておいて、とりあえずお気に入りの音楽以外は同期を解除。

特にビデオはかなりサイズが大きくなりがちなので、「いったん同期を全部解除」→「iPhone 6s到着後、改めて必要なものだけ同期」とするのが、一番効率がいいかもしれませんね。

4:アプリを整理する

無料だったからとりあえずインストールしてみたけれど、結局1回も使った記憶がない…そんなアプリって結構多かったりしますよね。

アプリの量が多いとそれだけ時間がかかってしまうので、ほとんど使った記憶がないアプリがあるなら潔く処分しちゃいましょう。

仮に消したとしてもすぐにApp Storeから再インストールできるので、1ヶ月以上触った記憶がないならとりあえず消して、必要な時が来たらその都度インストールというルールを自分で作るのもおすすめです。

5:アプリのアップデートを済ませておく

iPhone 6s発売に先がける形でiOS 9が公開されましたが、その影響でiOS 9に対応したアップデートの配布が数多くのアプリで行われました。

でも「どうせiPhone 6sに機種が変わるんだし、いまさらアップデートしても意味がないかな」と放置したりしていませんか?

ですがiPhone 6sは最初からiOS 9なので、アップデートせずにいると余計なトラブルに遭う可能性もあります。

多少面倒でも、いざ使い始めたときに問題なく操作できるよう事前にアップデートしておきましょう。データがおかしくなって読み取れなくなるような事態を防げるかもしれませんよ。

というわけで、iPhone移行作業の時に知っておきたい大切なポイントを5つご紹介しました。

どれも重要なポイントですが、特に1番目の「暗号化バックアップをオンにしておく」は、パスワード入力の手間が大いに省けるので絶対に忘れないようにしてくださいね!

準備を万端にして、iPhone 6sの到着を待ちましょう(^▽^)

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事