iOS 9でWi-Fiがプツプツ切れる!?低速なWi-Fiを自動切断する「Wi-Fi アシスト」が原因かも

投稿日:

by SHAN

Photo credit: LoKan Sardari / Foter / CC BY-NC-SA

こんにちは、SHANです。

iOS 9にアップデートした途端、今まで接続できていたWi-Fiが途切れ途切れになり、接続が不安定になってしまう…という方、iOS 9から搭載された低速なWi-Fiを自動で切断してくれる新機能「Wi-Fi アシスト」が原因かもしれません。

そこで今回は、設定から「Wi-Fiアシスト」をオフにする方法をご紹介します!

低速なWi-Fiを自動で切断する「Wi-Fi アシスト」

iOS 9から低速度のWi-Fiを自動で切断して3G/4Gの回線に切り替えてくれる機能「Wi-Fi アシスト」が搭載されました。

しかし、いつも接続しているWi-Fiがルーターから遠い場合や低速な回線を利用している場合、普段使っているWi-Fiさえも自動で切断されてしまう場合があるそう。

そんな症状にお悩みの方は、iPhoneの設定から「Wi-Fi アシスト」をオフにしてしまいましょう。

まずは『設定』アプリから「モバイルデータ通信」を選択。

続いて、画面を一番下までスクロールして「Wi-Fi アシスト」という項目をオフに設定すればOK!

これだけの操作で簡単に「Wi-Fi アシスト」をオフに設定することができます。

Wi-Fiの電波次第ではYouTubeなどの動画鑑賞中にWi-Fiから3G/4G回線に勝手に切り替わってしまう危険性もあるため、意図せぬ通信が心配だという人は「Wi-Fi アシスト」をオフに設定しておいた方がいいかもしれませんよ!

参考:SBAPP

関連記事