マジかよ…iPhone 8/8 Plusの「背面ガラスの修理費用」は画面よりも高い

47

2017.09.24

ハローワールド、Hikaru Sanoです。

iPhone 4/4sのように背面がガラスになったiPhone 8/8 PlusとiPhone X、無線充電のためとは言え懐かしく思った人も多いかと思います。

ガラス製故に画面のように割れてしまう可能性が復活してしまったのですが、どうやらその修理費は画面が破損した時よりも高いようです。

背面ガラスはその他の破損

ついにリリースされ世界中で注目を集めているiPhone 8/8 Plus、背面もガラスになり「iPhoneが割れる」可能性は2倍になってしまったような気もしますね。

割ってしまった際の修理については画面よりも簡単そうに思える背面ガラス、なんと修理費用が「画面の破損」よりも高い「その他の破損」が必要な事が判明しました。

具体的にはAppleCare+に加入していた場合、「画面の破損」は3,400円(最大二回まで)の費用が、「その他の破損」の費用には11,800円がそれぞれ必要になります。

背面はただのガラスパーツで、画面は液晶を含んだ特殊なガラスパーツなだけに、この「画面よりも背面ガラスの修理費用が高い」事実に驚きを隠せないファンは非常に多かったようです。

またAppleCare+に加入していないiPhone 8の場合、「画面の破損」は17,800円、「その他の破損」は38,800円が必要に。

同様にiPhone 8 Plusの場合、「画面の破損」は19,800円、「その他の破損」は43,800円が必要になります。

コレはそもそも「実際の費用」が云々といった話ではなくく、元々のiPhone修理の分類をするマニュアルの分類が以前からそのように切り分けられていた事が理由だと考えられるでしょう。

何にしても我々は、今まで以上にiPhoneを丁寧に扱わないと非常に高い修理代金に悩まされてしまうでしょうね…。

まとめ

今までにiPhoneについて何らかの修理などをした事がある人は、14,800円のAppleCare+に必ず加入しておいた方が良いかも知れません。

何せAppleCare+に加入していない「その他の破損」の修理費用は、両機種共4万円近い修理費がかかってしまうワケですから…。

参考:appleinsider

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事