次期iPhoneはこの大きさ!? 出回ったレンダリング画像を元に実物大iPhone6(仮)をダンボールで作ってみた

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

だんだんと次期iPhoneの噂が出始めるなか、ついにケースメーカー向けに提供されているという実物大の次期iPhoneのレンダリング画像が流出したと伝えられるまでになってきました。

iPhone発売前に出回るよくある噂ではありますが、せっかくなのでそのレンダリング画像を元にダンボールでiPhone6(仮)を製作してみました!

次期iPhoneはこんな感じになるかも!?

CGのレンダリング画像を元にダンボールで再現

参考にしたのはMac Rumorsに掲載されていた以下のレンダリング画像。ありがたいことに全てミリ単位で大きさが書かれていたので、苦労せずに再現できました!

完成したのがこちら。手に持っているとあまりiPhone5sから変化があるように見えませんが……。

iPhone5sと重ねてみるとこんなに大きさが違います。ディスプレイサイズも大きくなるでしょうから、かなりサイズ感は変わりそうですね。

ただ持ちづらいということもなく、この程度の大きさであれば許容範囲内だなと思えました。手の大きい男性であれば、むしろこの大きさの方が画面も見やすく操作しやすい可能性もあります。

まだ噂レベルの話で、実際に本体サイズが大きくなるかはまだ分かりません。個人的には大きくなってくれた方が嬉しいのですが……。

AppleがどんなiPhoneを発表してくれるのか今から楽しみですね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Mac Rumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事