『cloud GOO』で複数あるクラウドストレージを一つにまとめよう!ファイルの横断検索も可能になるぞ

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

クラウドストレージと聞くと、とりあえずアカウントだけでも作っておこう!という人が多いのではないでしょうか。

そして気付くと複数のアカウントと大量のストレージ容量を確保しているものの、使い分けるのが面倒で結局一つのサービスしか利用していないなんてこともありますよね。

今回はそんな複数のクラウドストレージを一括管理してくれる夢のようなアプリ『cloud GOO』をご紹介します!

cloudGOO
仕事効率化, ユーティリティ
¥100

アカウントを連携させていくだけ

アプリ起動したら、まずはアカウントを所持しているクラウドサービスを連携させましょう!連携できるのは

  • 「iCloud」
  • 「Google Drive」
  • 「One Drive」
  • 「Dropbox」
  • 「box」
  • 「SugerSync」
  • 「Amazon Cloud Drive」

以上の7つとなっています。amazonについては米国のアカウントのみの対応になるそうです。

連携させてみると、自分の場合は全部のストレージの合計が77GBになりました。その中で使っているのは全体のたった6%!全然有効活用できてないです><

『cloud GOO』は複数のクラウドサービスを連携できるだけでなく、アップロードしている写真をまとめて表示できるので、まるで同じフォルダにあるかのようですよー!

もちろんファイルの検索も複数のクラウドサービスを横断検索することが出来ます。

『cloud GOO』の自動アップロード機能はとても優秀で、例えば音楽は「Dropbox」、写真は「One Drive」、動画は「Google Drive」といったように、ファイルの種類ごとにアップロード先を決める事が出来ちゃうんです!

こんなに色々な事ができてお値段たったの100円です。これは一つあって絶対損はないアプリですよね。

一人で複数のクラウドサービスを利用しているのが当たり前な今だからこそ、必要になってくるアプリだと思いますよー!

cloudGOO
仕事効率化, ユーティリティ
¥100
iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

SHANはこう思う!
クラウドストレージって使わないのが分かっていても、いつか使うかもしれないと思いアカウントだけは取得しちゃうんですよね。このアプリはそんな人達の救世主となっています。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事