【豆知識】やっぱり面倒くさい!Apple IDの2ステップ確認を解除するには?

更新日:

by kimi

こんにちはkimiです。

現在は不正アクセスの対策のために、様々なサービスにおいて二段階認証が取り入れられましたね。Apple IDにも「2ステップ確認」という名前でもちろんあります。

しかし一度設定したはいいものの、いちいち携帯電話のSMSを受信して認証するのは面倒くさいって思う人もいるかもしれません。そこで今回はApple IDの二段階認証こと「2ステップ確認」の設定を解除する方法をご紹介します

My Apple IDからさくっと設定しよう

まずはiPhone(もしくはPC)からアップルの『My Apple ID』のページにアクセスし「Apple IDを管理」ボタンを押しましょう。

Apple IDとパスワードの入力を求められますので、それぞれ入力して認証します。

次に予め二段階認証で設定した通りにSMSで確認コードが送信されますので、内容を確認して「認証」ボタンを押します。

そうすると確認コードが記載されているSMSが届きます。

もとのページに戻り、SMSに記載されていた数字四桁のコードを入力し「続ける」をクリック。

左のメニューから「パスワードとセキュリティ」へ。

「2ステップ確認をオフにします。」の文字をクリックします。

2ステップ確認をオフにするためには新しい「秘密の質問」を設定する必要がありますので、決めて入力し「続ける」をクリックします。

「2ステップ確認をオフにしますか?」という確認が表示されるので、「オフにする」をクリックします。

「2ステップ確認が無効になりました」という文章が見られれば完了です!以降はいちいちSMSで確認コードを受信して、入力する手間が省けますよ。

二段階認証はもちろん設定しておいたほうが安心!しかし、やはり確認コードを入力するのが面倒という方は2ステップ確認をオフにする代わりに、よりパスワードを複雑なものにするという対策をするのも手かもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事