『Tadaa SLR』誰でも簡単!iPhoneだけで一眼レフ風の写真が作れるカメラアプリがすごいぞ

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

普段写真を撮る時というとカメラの性能アップに伴ってもっぱらスマートフォンを使う機会が増えました。

いつも持ち歩いているだけにいつでもどこでもそこそこの写真を撮れるようになりましたが、一眼レフのあの”ボケ”具合には叶いませんよね。

そこでご紹介したいのが写真編集アプリの『Tadaa SLR』です。

ちょいちょいと編集するだけであっという間に一眼レフで撮ったような写真を簡単に作れちゃいますよ。

Tadaa SLR
写真
無料

ピントを合わせたい部分を塗りつぶすだけで背景のボケが自由自在!

写真編集と聞くとちょっと難しそうな気がするかもしれませんが、『Tadaa SLR』はそんな心配はご無用。

アプリを起動したらそのまま写真を撮影するか、

右下からカメラロールの写真を開きます。

お次はピントがあった状態にしておきたい範囲を塗りつぶしていきます。

下のEdgeがオンになっていると境界を自動的に認識してくれるので、少しはみ出しても気にせず塗りつぶしていきましょう。失敗したら下の消しゴムで消せばOKです。

今回は手前の机までにピントを合わせて背景をボケさせるように塗ってみました。右上の”Next”を押して次いきますよ〜。

はい、いきなりもういい感じに背景がボケております。これだこれ!この感じが一眼レフっぽい。

ちょっとボケ過ぎだな〜と思ったら下にある”Aperture“のスライダーを動かせばボケ具合を調整できますよ。

さていい感じに一眼レフ風のボケのある写真になったところで”Apply”を押せばさらにフィルター、明るさ・コントラスト、トリミング、ビネットと多彩な編集機能でさらに写真を加工できちゃいます。

編集が完了したら右上の”Save”を押せば、カメラロールに保存され、そのままTwitterやFacebookにコメント付きで投稿もできます。

という訳で元々の写真と最終的に完成した写真を並べてみました。加工後は背景がいい感じにボケて、さらにフィルターを掛けて仕上がりが全然違いますよね。

もう一枚試したのがこちら。そのままではいまいち締まりのない写真だったのですが、『Tadaa SLR』の手にかかれば雰囲気ががらっと変わりましたね。掛けた時間はものの数分ですよ。

いや〜ちょいちょいと塗りつぶすだけで簡単に一眼レフ風なボケ味を作れちゃうわ、フィルターなど編集できちゃうわで高性能な『Tadaa SLR』、以前は有料だったと思うのですが、現在は無料!こりゃ今すぐダウンロードして使ってみるしかないですよ!

Tadaa SLR
写真
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事