【検証】マルチタスクからアプリを終了させるとバッテリーの減りが早くなるって本当?実際に試してみたぞ

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

先日、日頃から頻繁に使うアプリをマルチタスクから終了させると充電が早くなくなるとお伝えしましたが、これって本当なのでしょうか?

確かにアプリを立ち上げるのに一番電力を消費するというのはなんとなくイメージできますが、今まで「バッテリーを長持ちさせる」と信じられていたものなので、どうしても懐疑的になってしまいますよね。

これはもう検証するしかない!ということで実際に試してみましたよ〜!

アプリをマルチタスクから終了させる

マルチタスクは他のアプリを起動していても、バックグラウンドで動いているタスク(=アプリ)のこと。ホームボタンを2回押しすると、いま動いているすべてのタスク(=アプリ)を見たり切り替えたりできます。

そしてこのマルチタスクからアプリを上にスライドさせ終了させると、バッテリーの減りが早くなるようなんです

ということで、本当にバッテリーの減りが早くなるのか試してみましたよ〜!

本当にバッテリーの減りが早くなるのか試してみた

計測方法は

  • 計測時間は60分
  • 10分ごとにタイマーをかけ『LINE』でメッセージを送信
  • ロックはせず画面を開いたままに
  • 機内モードでWi-Fi使用
  • APPのバックグラウンド更新はオフ
  • 通知もすべてオフに

この条件で、バッテリーが100%からどのくらい減ったか検証します。ではまずはマルチタスクからアプリを毎回終了する場合から。

◆マルチタスクからアプリを毎回終了する場合

『LINE』でメッセージを送信後、『時計』アプリを起動し10分のタイマーをかけます。

その後『LINE』と『時計』をマルチタスクから終了させます。これを60分、計6回繰り返しますよ〜。

10分が経ち2回目の投稿を終えたところ、バッテリーは100%→98%と2%減っています。

その後3回目(96%)→4回目(94%)→5回目(92%)→6回目(90%)と減って行き、1時間経った時点で88%。100%から12%減でした!綺麗に2%ずつ減っていきましたね。

では続いて、マルチタスクからアプリを終了させずバックグランドに常駐させる場合を見てみましょう。

◆アプリを終了せず常駐させる場合

先ほどと同じように『LINE』でメッセージを送信後、『時計』アプリで10分タイマーを起動します。

そして『LINE』も『時計』も終了させずバックグラウンドに常駐させます。これをまたまた6回繰り返しますよ〜!


さて10分が経ち、2回目の投稿を終えた時のバッテリー残量は100%!先ほどのアプリを毎回終了させているケースでは2回目の投稿を終えた時点で98%だったので、今のところ終了させない方がバッテリーが長持ちしています。

その後、3回目もまだ100%→4回目(97%)→5回目(95%)→6回目(93%)と徐々に減って行き、1時間経った時点で90%。100%から10%減でした。

アプリを終了させるのとさせないのでは、2%の差が出ましたよ!たかが2%とは言え”たった1時間”でバッテリー残量に差が出るとは驚きです。

検証してみた結果

今回の検証結果は…

  • マルチタスクからアプリを毎回終了する場合は、1時間で12%減った
  • アプリを終了せず常駐させる場合は、1時間で10%減った

ということで「頻繁に使うアプリをマルチタスクから終了させると充電が早くなくなる」は本当でした!

今回は1時間と短時間だったためこの程度の差になりましたが、これが7時間、8時間…となったらかなり大きな差となりますよね。外出先でバッテリーを少しでも持たせたい方はアプリを終了させないことをオススメします!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事