『Reesize』簡単リサイズアプリ!写真共有時にサイズを小さくしてパケット転送量を節約できるぞ

更新日:

by kimi

photo credit: Thomas Leuthard via photopin cc

こんにちはkimiです。

メールやSNSでよく写真を送ることがある方。高画素なiPhoneのカメラで撮った写真は容量が大きいので、月7GBのパケット制限のことを考えると、撮ったままのサイズでたくさん送受信するのは控えたほうがいいかもしれません。

『Reesize』で簡単にサイズを小さくしてから送るようにすれば、使用するパケットが削減でき、送受信にかかる時間も短くなってお互いに負担を減らせますよ〜!

Reesize
写真/ビデオ, ユーティリティ
無料

iPhoneの画面で見る分には画質は十分!

さっそくアプリを起動してみると…実にシンプルな画面が出てきます。まずは左上の「Open」をタップし、サイズを変えたい写真を選びましょう。

その後、下の数字で変更したい解像度に設定します。写真を大きい画面に写したり、紙に印刷するなら話は別ですが、iPhone 5sの解像度が1136 × 640なので、それ以下にならなければそこまで画質が悪くなることはありません

ここでは、「1136px 852px」を選びました。片方を合わせると、もう片方の数値が自動的に設定されます。このアプリのいいところは解像度の縦横比が変わらずにリサイズできるということ。だから、縦横比が狂って変に写真が潰れてみえたりせずにサイズ変更できます。

解像度の数値を変更したら、右上の「Save」をタップして写真を保存しましょう。

あとはいつものようにメールやSNSで写真を送信すればOK!

リサイズで写真の容量が約10分の1に!

参考までに、この写真をリサイズする前と後でどのくらい容量が違うのか調べてみました。

すると…なんとサイズが約10分の1まで減らせましたよ!(※どれくらいの大きさにリサイズするかによって減らせる容量は異なります。)

画質をそこまで悪くさせずに使用するパケット転送量を減らせ、かつ送受信にかかる時間も減らせます。誰かに写真を送る際は一手間かけてお互いに負担がかからないにフォトライフを送りましょう!

Reesize
写真/ビデオ, ユーティリティ
無料

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

kimi
photo credit: Thomas Leuthard via photopin cc

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事