気になる記事は保存してあとで読もう!遂に日本語化した『Pocket』の超便利な使い方まとめ

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

先日、あとで読むサービスの決定版アプリ『Pocket』の日本語化についてかみあぷでもご紹介しました。

今回はその便利すぎるアプリ『Pocket』の使い方や便利な機能についてご紹介したいと思います。日本語化したけど『Pocket』の使い方がわからないよ><って人は必見ですよー!

Pocket
ニュース, 仕事効率化
無料

【 目次 】

  1. 『Pocket』とは
  2. Step.1 アカウントを登録しよう
  3. Step.2 記事の保存方法
  4. Step.3 Safariのブックマークレットを利用しよう
  5. Step.4 「既読」と「お気に入り」について
  6. Step.5 記事の削除の仕方
  7. Step.6 Twitterと連携させる方法

▲読みたい項目をクリックすると、その項目までジャンプします。

『Pocket』とは

今は読む時間が無いけど、この記事は気になる!という時にそのWebページを保存し、あとでPCやスマホなど様々なデバイスからアクセスできるようにするサービスです。

その他にも『Twitter』や『Smart News』と連携している点やクラウドサービスにも対応している点もユーザーが多い理由になっているんですね。

それでは早速『Pocket』を使うための簡単な設定をご紹介します。

▲目次に戻る

Step.1 アカウントを登録しよう

アプリを起動するとアカウント登録の画面が表示されるので、Googleアカウントかメールアドレスのどちらかを選択して登録していきましょう。

今回はGoogleアカウントでの登録方法で説明を進めていきます。

続いてパスワード作成しましょう!登録したGoogleアカウントのメールアドレスとここで作成したパスワードが、そのまま『Pocket』のログインアドレスとパスワードになります。

パスワードを作成して、簡単なスライド説明を終えると『Pocket』の基本画面が表示されます。これで登録完了ですよー!

続いて、使用方法を説明していきます!

▲目次に戻る

Step.2 記事の保存方法

記事の保存方法は大きく分けて2つあります。1つ目はURLをコピー&ペーストする方法です。

まず、『Pocket』に保存したいページをSafari等のブラウザで開き、URLをコピーします。

URLをコピーしたら、ブラウザを閉じて『Pocket』を起動します。すると、画面下に先ほどの記事をリストに追加するかのウインドウが表示されるので、「追加」をタップすると記事がリストに表示されます。

記事の保存方法の2つ目は、『Pocket』対応サイトを使う方法です!一部のサイトでは『Pocket』に追加するボタンを設置しているところがあります。

このようなボタンを設置しているサイトでは、このボタンを押すだけで『Pocket』の記事リストに追加することが出来ますよ!

Web上の記事は以上の方法で全部保存することが出来ます。

▲目次に戻る

Step.3 Safariのブックマークレットを利用しよう

上記2つの方法の他にSafariのブックマークレットを利用して、記事を保存する方法があります。

『Pocket』を起動したら、「追加方法を学ぶ」をタップして説明画面に移り、「Mobile Safariから」という項目のインストールボタンをタップします。

続いて、ブックマークレットを作成する簡単な手順がスライド表示されるので、それに従いブックマークレットを作成しましょう!

ブックマークレットを作成したら、実際に保存したいWebページで使ってみます。

このような表示が出てきたら、保存成功です!

普段Safariを使っている人は、このブックマークレットを作成しておくと情報収集がかなり捗りますよー!

▲目次に戻る

Step.4 「既読」と「お気に入り」について

保存した記事がいっぱいになってくると、記事リストの中が既に読み終わった記事とまだ読んでない記事が混じり、ゴチャゴチャしてきます。

『Pocket』内で一度読んだ記事は、ページ下部のチェックマークをタップして、「既読」に登録しておくと、記事リストを綺麗に保つ事ができますよ!

また、気に入った記事は「お気に入り」することで、あとで読み返すことができます。

「既読」にしたり「お気に入り」にした記事は、それぞれメニューから確認することができます。

この2つを上手く使って、記事を整理しましょう。

▲目次に戻る

Step.5 記事の削除の仕方

保存した記事をリストから削除したい場合は、削除したい記事のタイトルを左右どちらかにスワイプし、ゴミ箱ボタンをタップすれば削除完了です。

読み終わって必要ないと感じた記事は削除していきましょう。

▲目次に戻る

Step.6 Twitterと連携させる方法

Twitterって意外と有益な情報が多いですよね。『Pocket』ではちょっとした設定でツイートを保存することが出来るんですよー!

まずは、Twitterの公式アプリで設定を開きます。

「あとで読む」の項目を「Pocket」に指定しましょう。

『Pocket』のユーザー名とパスワードを入力します。

以上で『Pocket』とTwitterの連携は完了です!

Twitterで気になるツイートを見つけたら、そのツイートを長押しすると、メニューが表示されるので「Pocketに送信」をタップすれば、ツイートが『Pocket』に保存されます。

先程のツイートが『Pocket』に追加されている!

▲目次に戻る

以上『Pocket』の使い方と、Twitterとの連携方法をご紹介しました。世界で注目されているアプリだけあって便利な機能が盛りだくさんでしたね。

是非これを機会に『Pocket』を使ってみてください!

Pocket
ニュース, 仕事効率化
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

SHANはこう思う!
今まで英語のみのサービスでしたが、この度日本語に対応したとのことでしたので、使い方マニュアルを作ってみました!気に入った記事はどんどん保存して、あとで読み返したり共有したりできるようにしておくと、とても便利だと思います!
参考:SBAAP

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事