動作スピードアップや電池の節約にもなる! アプリの通知設定を見直してiPhoneをスッキリ使おう

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

アプリからの通知をストックしておけるiPhoneの通知センター。ホーム画面やアプリ起動中などどこからでも呼び出して利用できるのが便利ですよね!

特定のアプリに絞って通知センターに表示させなくする設定もあるなど、余計な情報を削って必要なものだけ残すようユーザー側でカスタマイズできるのも嬉しい機能です。

余計な通知を無くせば裏側での動作も減ってバッテリーの消費も抑えられますし、iPhone自体の動作をスピードアップさせることができるようです! さっそく設定を見直してみましょう!

非表示にするだけじゃなく全部切ろう!

「通知センターで非表示にする? そんなのもうやってんよ!!」と思っているそこのあなた! それだけではバッテリーの節約などの効果はないみたいですよ。

設定アプリの「通知センター」を選択すると、アプリごとの通知をコントロールする画面が表示されます。

アプリを選択して「通知センターに表示」をオフにすれば、アプリは下部の「非表示」ゾーンに移動して通知センターにアプリが表示されなくなるのはご存知ですよね。

しかしこれだけだとバッテリー消費量などを抑える効果はありません。通知センターに表示されることはないものの、通知自体は有効になったまま。裏側でアプリの動作を監視する状態が続いているとうわけです。

なので、もし通知センターへの表示だけでなく通知自体あまり見ないアプリに関しては、全ての設定をオフにしてしまうことをオススメします!

設定をオフにしたアプリの量にもよりますが、これで多少バッテリー消費量を抑えられるほか、iPhone自体の動作が軽快になることもあるようです。iPhone4sについては動作が爆速になったとの報告があるほか、iPhone5以降でも気持ち動作が軽くなったと伝えている記事がありました。

不要な通知は全てオフに! これだけでちょっとだけiPhoneを快適に使えるようになるはずです。ぜひ設定を見直してみてください!

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事