『note』これであなたもクリエイター? コンテンツの販売もできる新個人向けメディアサービスの使い方

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

TwitterやFacebookで話題になっている個人向けメディアサービス『note』。 4月7日に公開されたばかりなのですが、すでに伊集院光さんやホリエモンこと堀江貴文さんなど有名人のアカウントも見かけるようになっています。

写真や音声、文章など自分が制作したコンテンツに値段を付けて発売できるというのが特徴で、専用アプリはありませんがiPhoneからも気軽に利用可能!

ということで、基本的な使い方などをご紹介します!!

アカウントを作ってみよう

note.muにアクセスすると、ログインページが表示されます。はじめての人は「noteをはじめる」をタップしましょう。FacebookやTwitter、cakesのアカウントでログインできるほか、メールアドレスとパスワードで登録することもできます!

SNSアカウントでログインすると、続けてメールアドレスとパスワードの入力画面になります。自分のページのアドレスにもなるユーザーネームも一緒に入力したら完了です!

フォローしてみよう

登録が完了するとオススメユーザーなどが表示されるので、こちらをフォローするところからスタートしましょう。彼らの投稿に対して「スキ」を押したり、TwitterやFacebookへのシェアやコメントを残すといったアクションができます!

流れてくるのは、Twitterのような短い文章からブログ形式の長い文章、画像(写真や絵)、音声(ラジオ的なものや音楽)、動画など様々。他のSNSと比較すると濃い内容の投稿が目立ちます。コメントシステムによるコミュニケーションも活発ですよ。

個人的にオススメなアカウントは以下の3つ!

  • 鈴木みそ:漫画家の鈴木みそさん。漫画を投稿しています。
  • 伊集院光:タレントの伊集院光さん。今後の活動に注目!!
  • おつぱ:ブロガーのOZPAさんが「やかましいわ系ポエム」を投稿しています。

そして私ハンサムクロジもちょこちょこ投稿しています。よかったらフォローしてね!!

投稿してみよう

投稿はメイン画面の5つのアイコンから行えます。アイコンは左から「トークノート」「イメージノート」「テキストノート」「サウンドノート」「ムービーノート」となっていて、それぞれ投稿できる内容が違っています。

ただしiPhoneからは「テキストノート」と「サウンドノート」の投稿ができないので注意してください!

投稿された内容は以下のようにタイムラインに表示されます。写真や動画など、すっきり見やすく掲載されています。やっぱりインターフェイスがオシャレなのはイイ!

基本はこれだけですが、クレジットカードや銀行口座の登録をすれば有料で販売されているコンテンツを購入したり、逆に自分が製作したコンテンツを販売することも可能。作ったものをすぐ売れるってすごいですよね!

ミュージシャンを目指している人、フォトグラファーとして活動している人、コラムを書いて読んでもらいたい人などなど様々なクリエイターが集まるサービスとなっています。今話題のオシャレなサービス、ぜひ試しに登録してみてはいかがでしょうか!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:note

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事