次期iPhoneのスペックがリーク!光学手ブレ補正がつき、ついにNFC搭載?

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

次期iPhoneのスペックがリークが海外サイト発でリークされましたよ!

画面サイズが大型化するほか、ついにおサイフケータイにも使われているNFCの技術も搭載されるかもしれません。

光学手ブレ補正機能やNFCも搭載か?

 

アナリストMing Chi-Kuo氏による情報をmacRumorsが伝えたところによると、ディスプレイサイズが4.7インチモデルと5.5インチモデルの二種と大きくなり、電源ボタンがサイドに移動するほか、スペック的には以下のようなものになるとのこと。

  • CPUはA8プロセッサー
  • メモリはiPhone5sと同じ1GBのまま
  • 背面カメラはiPhone5sと同じ800万画素のまま
  • 光学手ブレ補正
  • レンズのf値は2.2
  • NFC

ちなみにMing Chi-Kuo氏は第4世代iPadの発売時期を正確に当てるなど、過去にリークを当てた実績のあるお方。今回はどうでしょうか?

MacRumorsのイメージ画像がこちら。

他にも、ベゼルが5sよりさらに10%程度狭くなったり、薄さが6.5mm〜7mmになったりするようです。iPhone5sが7.6mmなので0.6mm〜1.1mm程度薄くなるようです。今のiPhone5sでも随分薄くなったような気がしますが、まだ薄くなるか!と驚きです。

まだ確定情報ではないので、実際はどうなるかはわかりませんが、今年のモデルはどうなるのか楽しみですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

kimi
image by Mac Rumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事