iPhone 5sの指紋認証機能を便利にする小技まとめ! 複数の指を登録、認証精度アップなど

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iPhone 5sから新しく使えるようになったセキュリティー機能「Touch ID」。指紋認証を利用してiPhoneのロックを解除したり、パスワード入力なしでアプリをダウンロードすることができる便利な機能です!

そんな指紋認証をもっと便利にするための小技をまとめてご紹介したいと思います。普通ではできない量の指を登録したり、指紋の認証精度を向上させる方法などをまとめました。

ぜひ活用してみてください!!

1.6本以上の指を登録する方法

指紋認証機能で登録できる指の本数は通常5つまで。それ以上は登録することができないのですが、その制限をかいくぐって指を6本以上登録する方法があるのです!

やりかたはとっても簡単。設定アプリの「Touch IDとパスコード」で「指紋を追加…」を選択して、ひとつの登録先に複数の指を登録していけばオーケー!

通常は何度も同じ指をホームボタンに押し当てるのですが、今回は次々と指を変えて読み取らせていきます。

今回の方法登録すれば、若干精度は落ちるもののどの指でもロックを解除できるようになります。セキュリティ的にも甘くなる可能性があるので、やられる人はそこも注意してください!

参考:【指紋認証の裏技】最大5つしか登録できないiPhone5sの指紋認証で両手両足の指全部を登録する方法

2.認証制度を上げる方法 その1

認証精度を上げるには、同じ指を複数回登録するとよいです。親指の精度を上げたいなら親指を何度も登録してみてください。

様々な角度から指を押し当てて登録すれば、少しタッチがずれても認証してくれます。なんだかロック解除されづらいなと思っていた人はやってみてください!

参考:【イライラ解消】iPhone 5sの指紋認証を高精度にする小技!即認識してくれるようになるぞ

3.認証制度を上げる方法 その2

複数の指を登録しても認証されない時がある! なんでだ! ……それは指のコンディションの問題かもしれません。

以前「どの程度指がふやけたら認証してくれないのか」検証してみた記事でお伝えしたとおり、指の状態によっては認証しなくなる場合があります。

そんな時は通常時の指とは別に、すこししっとりとした状態の指も登録しておくとロック解除時にイライラしなくてすみます!

以上、3つの小技をまとめてご紹介しました。ぜひこれらの技を使って、もっと便利に指紋認証機能を使ってみてください!!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事