macOS13.4パブリックベータ3リリース!インストール方法変更とバグ修正

投稿日:

by saki

Apple

Appleは昨日、macOS13.4ベータ3を開発者向けにリリースしましたが、パブリックソフトウェアテストプログラムのメンバーにパブリックベータ3がリリースされました。

macOS13.4パブリックベータ3入手方法

macOS13.4のパブリックベータ3は開発者向けベータ3と本質的に同じものになります。

Apple Beta Software Program

Appleは、macOS13.4ベータ2でベータ版ソフトウェアを配布する新しいシステムを導入し、ベータ版のダウンロード時に、Apple IDを確認することで、Apple Developer ProgramやApple Beta Software Programに参加しているかどうかをチェックするようになりました。

ダウンロード後は、プロファイルをインストールする必要なく、Macのシステム設定からベータ版のアップデートが可能になりました。

macOS13.4開発者向けベータ3では新機能は発見されておらず、主な目的はバグ修正の可能性があります。

macOS13.4開発者向けベータ1のときにリリースノートに記載された修正内容は、以下の通りです。

  • Apple Studio Display:Apple Studio Displayのファームウェアの更新が進行状況を表示し始めるが完了しないバグ修正

Appleは回避策を記載しており、今後のmacOSベータアップデートを含む他のアップデートをインストールするには、「ソフトウェアアップデートの設定」で 「詳細情報」をクリックし、「Apple Studio Displayファームウェアアップデート」のチェックを外して、「今すぐインストール」をクリックすることを推奨しています。

macOS13.4ベータ3で追加されたバグ修正内容は、以下の通りです。

  • CSS:column-count2 を超えるとレイアウトが更新されない問題を修正
  • File Bookmark:合成正規化で保存された Unicode 文字がパスに含まれている場合、セキュリティチェックによりブックマークの解決が失敗するmacOS Ventura13.3の回帰を修正
  • SwiftUI:クロージャー内で使用すると実行中のアプリケーションがクラッシュする問題を修正

以前、何のために搭載されたのか不明で、物議を醸していたビットコインのホワイトペーパーが、macOS13.4ベータ3で削除されたことが判明しています。

macOS13.4ベータ3ビットコインのホワイトペーパー削除!2018年からなぜ搭載されたか不明

ベータ版はバグでデバイスが動かなくなるなどの不具合が発生する可能性があるので、ベータ版を利用するときはサブ機で利用するなど注意が必要です。

macOS13.4の新機能が見つかったときは追加記事をリリースします。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

写真:Apple

関連記事