Apple廉価版AR/VRヘッドセット開発中!iPhoneと同価格帯?

投稿日:

by kenji

Appleは拡張現実(AR)および仮想現実(VR)ヘッドセットの発売を今年2023年後半に計画していると噂されています。

第1世代のAR/VRヘッドセットは高価格だと予想されていますが、Appleは第2世代の廉価版AR/VRヘッドセットを開発中とレポートされ、話題になっています。

AppleがiPhoneと同価格帯の廉価版AR/VRヘッドセットを開発中

MacRumorsによると、Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、AppleがiPhoneと同価格帯の廉価版AR/VRヘッドセットを開発中であることをレポート。

今年2023年後半に登場するAppleの第1世代のAR/VRヘッドセットは約3000ドルになるという複数の噂がありますが、第2世代のAR/VRヘッドセットはより手頃な価格になるとのことです。

Appleはすでに、より「予算にやさしい」廉価版AR/VRヘッドセットを開発しており、 iPhoneと同価格帯であるとのことです。

標準モデルのiPhone14の米国での価格は799ドルからで、1TBのストレージを備えた最上位モデルは1599ドルです。

廉価版AR/VRヘッドセットがその範囲内のどの価格になるのかはっきりしませんが、米国での価格が1500ドルのMetaの複合現実ヘッドセットと競合すると伝えられています。

Appleは、より手頃な価格の部品を使用して価格を下げることを計画していますが、廉価版AR/VRヘッドセットには、2023年に発売されるヘッドセットと同じ一般的な複合現実機能が搭載されます。

現時点では、廉価版AR/VRヘッドセットの開発は初期段階にあり、Appleは実用的なプロトタイプを作成していません。

ブルームバーグによると、アップルは2024年か2025年に安価な複合現実ヘッドセットを発売する可能性があるとのことです。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

参考:MacRumors

関連記事