Windows用の新しいApple DevicesアプリがAR/VRヘッドセットをリーク!参照コードを発見

投稿日:

by kenji

Appleは拡張現実(AR)および仮想現実(VR)ヘッドセットを今年2023年に発売すると噂されていますが、Appleは公式にはAR/VRヘッドセットについて何ら言及していません。

ところが、Appleが新しくWindows用に開発中のアプリのプレビューバージョンの中に、未発表のAR/VRヘッドセットの参照コードが発見され、話題になっています。

Windows用の新しいApple DevicesアプリでAR/VRヘッドセットのコードが発見

Appleは、Windows上のiOSデバイスの同期とバックアップのためにiTunesに代わる新しいApple Devicesアプリのプレビューバージョンを公開しています。

MacRumorsによると、Twitterユーザーの@aaronp613さんは、Windows用の新しいApple Devicesアプリのプレビューバージョンを調査したところ、「RealityOS」と「xrOS」の両方への参照コードを発見。

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、Appleがヘッドセットのオペレーティングシステムを「realityOS」または「rOS」と呼ぶことを計画していると報じていましたが、先月、Appleが「xrOS」に変更し複数の国で商標登録申請したことをレポート

今週ガーマン氏は、ごく最近までAppleは2023年1月にAR/VRヘッドセットを発表し、今年後半に出荷することを目指していましたが、現在、6月に開催されるWWDC2023に先立って、春に発表することを目指しているとレポートしています

AR/VRヘッドセットの導入時期が急速に近づいているため、Appleがヘッドセットや「xrOS」と統合するために他のアプリやプラットフォームを準備していることが、今回のアプリの参照コードで明らかになりました。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:MacRumors

関連記事