iPhone14 Proモデルでディスプレイ寿命を伸ばすためインクジェットプロセス追加!Samsung

投稿日:

by saki

Apple

Appleが今年2022年9月に発売したiPhone14 Proモデルでは、ノッチが廃止され、デュアルホールデザインが採用されましたが、OLEDディスプレイの寿命が短くなるおそれがあったため、製造工程が追加されたことがレポートされ、話題になっています。

iPhone14 Proモデルでディスプレイ寿命を伸ばすためインクジェットプロセス追加

iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxでは、ノッチからデュアルホールデザインへ変更されましたが、後工程で穴をあける必要があり、ディスプレイのカプセルが損傷し、水分や酸素が侵入しディスプレイの寿命が大幅に短くなる可能性がありました。

韓国のElecによると、Appleはリスクを軽減するために、Samsung Displayに、当初計画していた生産プロセスの一部を変更するよう依頼。

リスクを軽減する方法は、レーザーベースの技術とインクジェット印刷に似た技術がありますが、Appleはインクジェット方式を選択。

Samsung Displayは、iPhone14 ProモデルのOLEDディスプレイで薄膜バッグとタッチ電極を作成した後、インクジェット装置を使用して、穴と残りの領域を区別するダムを構築するプロセスを追加しました。

これにより、iPhone14 Proモデルのディスプレイ寿命が短くなることを防ぐことができるとのことです。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

参考:Elec 写真:Apple

関連記事