音声アシスタント対決動画が話題!GoogleアシスタントがAppleのSiriを打ち負かす?

投稿日:

by saki

MKBHD/YouTube

Appleデバイスに搭載されているSiriは、電話をかけたり、メッセージを送ったり、アプリを開いてくれる便利な音声アシスタントですが、iPhoneユーザーは他の音声アシスタントとなかなか比較できませんよね。

YouTuberが、最も使われている4種類の音声アシスタントの対決動画を公開し、話題になっています。

音声アシスタント対決でGoogleアシスタントがAppleのSiriを打ち負かす

音声アシスタントの対決動画を公開したのは、有名な技術系YouTuberMarques Brownlee氏で、「MKBHD」として知られています。

「MKBHD」は、AppleのSiri、Googleアシスタント、SamsungのBixby、AmazonのAlexaの4種類の音声アシスタントをテスト。

タイマーの設定テストでは、iPhoneのSiriだけが同時に複数のタイマーを設定することができないことが判明。

「セルフィ​​ーを撮る」などのデバイス制御コマンドを与えると、Siriは単にカメラアプリを開きますが、GoogleアシスタントとBixbyは実際にアプリを開き、前面カメラに切り替え、セルフィーのタイマーを開始します

質問に対しての返答テストでは、GoogleアシスタントとSiriが最も早く質問に反応しましたが、SiriとBixbyは、一時停止して実際には質問に答えなかったことが多いことが判明。

会話機能テストでは、Googleアシスタントが連続した質問を自然な会話のように扱い、以前に言ったことを記憶し、以前のやり取りを使用して質問に答えているため、Googleアシスタントの会話機能は他の音声アシスタントを大きくリード。

「私の犬の写真を見せて」という命令が表示されると、Googleアシスタントは携帯電話の写真アプリから犬の画像を探して表示し、Bixbyは、特定のアプリ用にカスタムコマンドを設定できます。

Siriはいくつかの領域でGoogleアシスタントやBixbyに遅れをとっていますが、「MKBHD」はHomeKitの統合があることから2位にランクづけました。

Appleは現在Siriの改良を行っていると噂されており、今後機能の改善が期待されています。

iPhoneも年末大掃除! きれいな状態で使い続けるためのお手入れ方法まとめ

参考:MKBHD/YouTube

関連記事